ホンダ、NSX開発中止! 「ハイブリッドに注力します」 〜2008年年末社長会見から

2008.12.17 自動車ニュース

ホンダ、NSX開発中止! 「ハイブリッドに注力します」 〜2008年年末社長会見から

本田技研工業は2008年12月17日、東京の青山本社で記者会見を開き、今後の業績および事業の見通しを報告した。

■アキュラもNSXも「やめた!」

世界的金融危機により、会社を取り巻く状況が急速に悪化しているというホンダ。つい10月28日に発表したばかりの「平成21年3月期連結業績予想」も修正を余儀なくされ、売上高は−10.3%(11兆6000億円→10兆4000億円)、営業利益は−67.3%(5500億円→1800億円)となることが告げられた。

これからの販売台数も期待はできず、2010年に予定していた寄居新工場の稼動を1年以上延期するなど、投資計画にも見直しがはかられる。
さらに、先に発表されたF1撤退に続き、2010年を目処に予定していた「アキュラ」ブランドの国内導入についても取りやめを決定。市販車では、大排気量のV10エンジンを搭載する「NSXの後継モデル」の開発計画も中止することが正式に発表された。

■やっぱり「環境」がキー

あれもこれも止める一方で、ホンダは今後、主に低燃費商品の開発に経営資源を集中する。具体的には、ハイブリッドモデルとさらなるコンパクトモデルだ。

2009年春に200万円を切る(!)価格で「インサイト」を発売するのを皮切りに、翌2010年にはコンセプトカー「CR-Z」をベースとした新型ハイブリッドスポーツカーを投入。今後さらに、中・大型車にまでハイブリッドを拡大する予定だという。

フィットより小さなコンパクトカーの開発は、2〜3年後の発売を目指して計画中。原材料費の影響に対応するとともに、これから自動車の普及が見込まれる国々にアピールする。

なお、航空機事業(ホンダジェット)とロボット事業(アシモ)については、いまのところ開発計画に変更はないとのこと。
差し迫った状況ではありながら、「政府に支援を要請したりはしない」「我々は、それ以前に自分たちでやれることがあると思っています」と、福井威夫社長は力強いコメントで記者会見を締めくくった。

(webCG 関)

記者会見には、福井威夫社長(写真右)以下ホンダの役員が列席した。
記者会見には、福井威夫社長(写真右)以下ホンダの役員が列席した。
「2代目NSX」と目された「Acura Advanced Sports Car Concept」も、開発中止に……
「2代目NSX」と目された「Acura Advanced Sports Car Concept」も、開発中止に……
2007年の東京モーターショーで。大勢のメディアに囲まれる福井社長と「CR-Z」。
2007年の東京モーターショーで。大勢のメディアに囲まれる福井社長と「CR-Z」。
この日、2009年春に「GSユアサ」と新たな合弁会社を立ち上げる計画も発表された。ハイブリッドモデル用の高性能リチウムイオンバッテリーを製造、販売する。写真右は、GSユアサの依田誠社長。

この日、2009年春に「GSユアサ」と新たな合弁会社を立ち上げる計画も発表された。ハイブリッドモデル用の高性能リチウムイオンバッテリーを製造、販売する。写真右は、GSユアサの依田誠社長。
関連記事
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2012.12.8 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……304万4000円

    ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」がマイナーチェンジ。“走りの裏技”を得たという最新モデルの実力を試した。
  • ホンダCR-Z 2010.2.25 画像・写真 ホンダが放つハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2010.4.12 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……278万4000円

    ハイブリッドカーでありながらスポーツカーを称する「ホンダCR-Z」。掲げられた“二枚看板”の、真偽のほどは!? 売れ筋グレードで試した。
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
  • ホンダCR-Z α・Master label(FF/6MT)/CR-Z α・Master label(FF/CVT)【試乗記】 2012.10.30 試乗記 ホンダCR-Z α・Master label(FF/6MT)/CR-Z α・Master label(FF/CVT)
    …294万1500円/304万6500円

    マイナーチェンジを受けパワーを増した「ホンダCR-Z」。MTモデルとCVTモデルに試乗した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る