「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュ

2008.12.17 自動車ニュース
「ムーヴカスタムRS」
「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュ

「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュ

ダイハツは、軽乗用車「ムーヴ」「ムーヴカスタム」をマイナーチェンジし、2008年12月16日に発売した。

 
「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュの画像
 
「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュの画像
「ムーヴカスタムR」
「ムーヴカスタムR」

今回の変更は、ムーヴ、ムーヴカスタムの内外装のリフレッシュと、装備の追加、グレード体系の見直しなどが主な眼目。

■カスタムはスポーティさをアップ

フロントマスクが大きく変更された「ムーヴカスタム」。フロントバンパーやフロントグリル、ヘッドランプ、フォグランプ、ボンネットフードなどのデザインを一新。リヤのコンビネーションランプはレンズ面が大型化され、よりカスタムらしい印象となった。
ディスチャージヘッドランプやトップシェイドガラス、自発光式メーターを標準装備し、一部グレードで新デザインのアルミホイールを採用した。

インテリアでは、シート表皮を変更。オーディオ部にブラックメタリック塗装を採用し、メーター照明色をホワイト&ブルーに変更した。

ラインナップには、装備充実のお買得モデル「S」グレード(FF/4AT)を新設定。「R」にCVTを採用したことで、ターボモデルはすべてCVT化された。

ボディカラーは、新色ブロンズクリスタルメタリックオパールを含め全9色。価格は、125万円から169万1000円。

「ムーヴX Limited」
「ムーヴX Limited」
 
「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュの画像
 
「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュの画像

■ムーヴは上質に

ムーヴは、フロントバンパー、フロントグリル、リアコンビネーションランプのデザインがあらためられ、一部グレードで、フロントフェンダーにクリアターンランプを採用した。
インテリアでは、ベージュ内装に毛足の長いシート表皮を採用し、質感を向上。ブラック基調の新しいメーターにインパネ下部のシルバーガーニッシュを組み合わせ、高級感のある印象とした。

ボディカラーは、新色ハーブグリーンメタリックを含め全9色を用意。
価格は、105万円から139万6000円。

そのほか、ムーヴ、ムーヴカスタム全車にクリーンエアフィルターを設定。グレードによって、運転席シートリフターやチルトステアリング、キーフリーシステムなどを装備し、使い勝手を向上した。さらに、AT、CVT車には、エコインジケーターを採用した。

今回のマイナーチェンジに伴い、福祉車両車(フレンドシップシリーズ)も、ベース車と同様の変更が施された。さらに、フロントシートリフト車は、シート操作時の利便性を高めるため、大型ワイヤレスリモコンが標準装備となった。

(webCG ワタナベ)

福祉車両車(フレンドシップシリーズ)「ムーヴ フロントシートリフト車」
「ムーヴ」「ムーヴカスタム」大幅お化粧直し&内装リフレッシュ
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る