【デトロイトショー09】スバル・レガシィのコンセプトカーを披露

2008.12.17 自動車ニュース

スバル・レガシィのコンセプトカーを披露【デトロイトショー09】

富士重工業は、2009年1月11日に開幕するデトロイトショーに、「レガシィ・コンセプト」を出展すると発表した。

2009年のデトロイトショーで初公開される「レガシィ・コンセプト」は、次期レガシィセダンのデザインの方向性を示すコンセプトモデルだ。レガシィは2009年にフルモデルチェンジが予定されており、今回のコンセプトモデルに採用されるデザインが、市販モデルにフィードバックされる可能性はきわめて高い。

公開されたのは、フロントデザインの1枚のイラストのみ。その絵からは、フロントグリルの存在感が増していることや、つり上がった新意匠ヘッドライトの採用が読みとれる。さらによく見れば、タイヤを包み込むフェンダーが大きくフレアしていることに気づく。

機関について公にされている情報は少ない。唯一わかっているのは、コンセプトカーが3.6リッターという比較的排気量の大きな水平対向エンジンを搭載していること。昨今のクルマを取り巻く状況からすると、排気量アップは意外だ。これの意味するものは? 高性能化か、上級化か!? 続報を楽しみに待ちたい。

(webCG 曽宮)

スバル・レガシィ・コンセプト
スバル・レガシィ・コンセプト

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る