【デトロイトショー09】スバル・レガシィのコンセプトカーを披露

2008.12.17 自動車ニュース

スバル・レガシィのコンセプトカーを披露【デトロイトショー09】

富士重工業は、2009年1月11日に開幕するデトロイトショーに、「レガシィ・コンセプト」を出展すると発表した。

2009年のデトロイトショーで初公開される「レガシィ・コンセプト」は、次期レガシィセダンのデザインの方向性を示すコンセプトモデルだ。レガシィは2009年にフルモデルチェンジが予定されており、今回のコンセプトモデルに採用されるデザインが、市販モデルにフィードバックされる可能性はきわめて高い。

公開されたのは、フロントデザインの1枚のイラストのみ。その絵からは、フロントグリルの存在感が増していることや、つり上がった新意匠ヘッドライトの採用が読みとれる。さらによく見れば、タイヤを包み込むフェンダーが大きくフレアしていることに気づく。

機関について公にされている情報は少ない。唯一わかっているのは、コンセプトカーが3.6リッターという比較的排気量の大きな水平対向エンジンを搭載していること。昨今のクルマを取り巻く状況からすると、排気量アップは意外だ。これの意味するものは? 高性能化か、上級化か!? 続報を楽しみに待ちたい。

(webCG 曽宮)

スバル・レガシィ・コンセプト
スバル・レガシィ・コンセプト
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る