「メルセデス・ベンツCL」 より豪華かつ安全に

2008.12.17 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCL」 より豪華で安全に

メルセデス・ベンツ日本は、「CLクラス」の装備を充実させ、2008年12月15日に発売した。

今回の改良は、装備の充実がメイン。2006年の現行「CLクラス」のデビュー後に新たに開発・実用化された装備を採り入れ、フラッグシップにふさわしい装備内容とした。

新たに装備されたのは、ヘッドライトの照射範囲を状況にあわせて最適化する「インテリジェントライトシステム」、緊急ブレーキ時に後続車両に危険を知らせる「アダプティブブレーキライト」、キーを携帯することでリモコン操作なしでの施錠/解錠や、エンジンスタートボタンによる始動が可能になる「キーレスゴー」など。これらのデバイスにより安全・快適性を高めた。

また、「CL550」と「CL600」のマニュアルモード操作スイッチを、ステアリングシフトボタンからパドルシフトに変更し、操作性の向上を図った。

価格は、「CL550」が1589.0万円、「CL600」が2056.0万円、「CL63AMG」は2203.0万円、「CL65AMG」は3020.0万円。

(webCG 曽宮)

メルセデス・ベンツCL
メルセデス・ベンツCL

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る