「メルセデス・ベンツCL」 より豪華かつ安全に

2008.12.17 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCL」 より豪華で安全に

メルセデス・ベンツ日本は、「CLクラス」の装備を充実させ、2008年12月15日に発売した。

今回の改良は、装備の充実がメイン。2006年の現行「CLクラス」のデビュー後に新たに開発・実用化された装備を採り入れ、フラッグシップにふさわしい装備内容とした。

新たに装備されたのは、ヘッドライトの照射範囲を状況にあわせて最適化する「インテリジェントライトシステム」、緊急ブレーキ時に後続車両に危険を知らせる「アダプティブブレーキライト」、キーを携帯することでリモコン操作なしでの施錠/解錠や、エンジンスタートボタンによる始動が可能になる「キーレスゴー」など。これらのデバイスにより安全・快適性を高めた。

また、「CL550」と「CL600」のマニュアルモード操作スイッチを、ステアリングシフトボタンからパドルシフトに変更し、操作性の向上を図った。

価格は、「CL550」が1589.0万円、「CL600」が2056.0万円、「CL63AMG」は2203.0万円、「CL65AMG」は3020.0万円。

(webCG 曽宮)

メルセデス・ベンツCL
メルセデス・ベンツCL

関連キーワード:
CLクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールR-DYNAMIC SE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.28 試乗記 伸びやかで流麗なボディーラインが美しい、レンジローバーブランドの新型SUV「ヴェラール」。レンジファミリーに新たに加わった、“第4のモデル”の実力とは!? 600kmあまりの試乗を通じてテストした。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!? 2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツGLCクーペ 2016.3.24 画像・写真
  • 谷口信輝の新車試乗――ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファース... 2017.11.23 mobileCG