クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ヴィッツ“TRDターボM”(:全長×全幅×全高=3800×1695×1505mm/ホイールベース=2460mm/車重=1070kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.0kgm/4800rpm)/価格=221万5500円(テスト車=295万7850円/HDDナビゲーションシステム=25万9350円/ヘリカルLSD=3万1500円/スマートエントリー=4万950円/フロントバンパースポイラー=3万7800円/インテリアパネルセット=2万5200円/マスターキット=34万9650円)

トヨタ・ヴィッツ“TRDターボM”(FF/5MT)/カローラアクシオ/フィールダー“スポーツM”(FF/CVT) 【試乗記】

試す価値あり 2008.12.17 試乗記 トヨタ・ヴィッツ“TRDターボM”(FF/5MT)/トヨタ・カローラアクシオ/フィールダー“スポーツM”(FF/CVT)
……295万7850円/295万7950円/302万7350円

自動車メーカー直系のカスタマイズモデルに試乗。ベースモデルと同様にマイナーチェンジを受けたモデルはどのように変わったのか。

足まわりにこだわった

ディーラーで買える安心のチューンドカーとして、2007年8月の登場以来、約400台が販売された「トヨタ・ヴィッツTRDターボM」。ベースモデル「ヴィッツRS」のマイナーチェンジを受け、2008年9月にバージョンアップを果たした。

専用のターボを装着し、最高出力150ps/6000rpm、最大トルク20.0kgm/4800rpmを発生するエンジンのスペックはそのままだが、このクルマを手がけるトヨタモデリスタインターナショナルによれば、サスペンションの開発をイチからやり直し、「スプリングとダンパーをバランス重視のセッティングにしました」。それこそが、新型のポイントらしい。ちなみにトランスミッションは5段マニュアルのみとなる。

試乗車には、ヴィッツTRDターボM専用のオプション「マスターキット」が装着されていた。運転席正面にアナログのブースト計、油圧計、油温計が備わるほか、専用の本革ステアリングホイールやセンタースポーツマフラー、スポーツパッド、17インチアルミホイール&205/45ZR17タイヤ、センターマフラーガーニッシュがセットで加わるというものだ。そんなクルマを前にして、気分はおのずと高まりをみせる。

山でも街でも

さっそくいつものワインディングロードを目指すことにするが、走り出してすぐに気づくのが乗り心地の良さ。といっても、もちろんソフトなわけではなく、やや硬めの味付けが施されているのだが、不快な突き上げなどが上手にカットされ、スポーツモデルにありがちなピッチングもよく抑えられている。これなら日常の足として使ってもガマンは無用だ。

ワインディングロードにたどりつくと、その走りの気持ちよさが際だつ。コーナリング中のロールが抑えられるのはもちろんとして、それ以上にうれしいのは優れた回頭性を手に入れたこと。軽快にコーナーのインを目指す動きは、ベース車のヴィッツRSでは味わえなかったものだ。

エンジンも実に力強い。ベースと比べて40ps、5.6kgmもの性能アップが図られた1.5リッターターボユニットは、ターボラグが気にならないうえ、幅広い回転域で力強さを示すのがいい。とくに3000rpm以上では、山道の登りでもグイグイとボディを引っ張り上げ、ここでもヴィッツRSとの違いを見せつけてくれる。

パワーもハンドリングもベースモデルをはるかに凌ぐヴィッツTRDターボM。スポーティさと快適さのバランスも絶妙で、ヴィッツRSに比べて約60万円高の221万5500円(マスターキット含まず)という価格には十分納得がいく。


トヨタ・ヴィッツ“TRDターボM”(FF/5MT)/カローラアクシオ/フィールダー“スポーツM”(FF/CVT) 【試乗記】の画像 拡大

トヨタ・ヴィッツ“TRDターボM”(FF/5MT)/カローラアクシオ/フィールダー“スポーツM”(FF/CVT) 【試乗記】の画像 拡大
今回、新たに設定されたマスターキット(3連メーターキット、本革ステアリング、17インチアルミホイル&タイヤセット、スポーツパッド、センタースポーツマフラー、センターマフラーガーニッシュ)は、販売店の専用オプション。
今回、新たに設定されたマスターキット(3連メーターキット、本革ステアリング、17インチアルミホイル&タイヤセット、スポーツパッド、センタースポーツマフラー、センターマフラーガーニッシュ)は、販売店の専用オプション。 拡大

昔取ったキネヅカ

試乗の当日は、やはりモデリスタが送り出すカローラアクシオ/フィールダーのスポーティ版である「スポーツM」も試すことができた。
こちらもベース車のマイナーチェンジにともないリニューアルが図られているが、これまではサスペンション中心のカスタマイズだったのに対し、新型では専用スポーツマフラーの装着に加えて、エンジンコンピューターにもチューニングが施されたのが大きな違い。

そんなスポーツMだが、街なかを流すかぎり、エンジンに目立つところはない。ベースの1.8リッター「2ZR-FE」エンジンに対し、8ps、1.2kgmのアップでは無理もないか……と思いきや、ワインディングロードに舞台を移した途端、別の一面を見せてくれる。前が空いたところで思い切りアクセルペダルを踏み込むと、威勢のいいサウンドとともに気持ちよくエンジンが吹け上がる。とくに4000rpmから5000rpmあたりの盛り上がりが印象的。そのうえ、CVTのシフトパターンに通常のオートマチックと同様“段”をつけることにより、エンジン回転の上昇と速度の関係をリニアにしたおかげで、エンジンのおいしいところをダイレクトに味わうことができるのだ。

足まわりは街なかでは硬さが気になるものの、高速道路やワインディングロードではシャキっとした動きを見せる好ましい味付け。ヴィッツTRDターボM同様、スポーティなドライビングを好む人には、ぜひ一度試してほしいモデルである。

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

【スペック】カローラアクシオ“スポーツM”ラグゼール:全長×全幅×全高=4410×1695×1440mm/ホイールベース=2600mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6000rpm、19.0kgm/4800rpm)/222万40000円(テスト車=295万7950円/HDDナビゲーションシステム=34万9650円/MODELLISTAエアロキット=13万2300円/17インチアルミホイール&タイヤセット=21万5250円/インテリアパネルセット=3万6750円)
【スペック】カローラアクシオ“スポーツM”ラグゼール:全長×全幅×全高=4410×1695×1440mm/ホイールベース=2600mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6000rpm、19.0kgm/4800rpm)/222万40000円(テスト車=295万7950円/HDDナビゲーションシステム=34万9650円/MODELLISTAエアロキット=13万2300円/17インチアルミホイール&タイヤセット=21万5250円/インテリアパネルセット=3万6750円) 拡大
ECU、スポーツマフラー、スポーツサスペンション、エンブレムがスポーツMの専用装備。
ECU、スポーツマフラー、スポーツサスペンション、エンブレムがスポーツMの専用装備。 拡大
【スペック】カローラフィールダー“スポーツM” 1.8S エアロツアラー:全長×全幅×全高=4420×1695×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1230kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6000rpm、19.0kgm/4800rpm)/価格=236万9000円(テスト車=302万7350円/HDDナビゲーションシステム=28万6650円/MODELLISTAエアロキット=11万9700円/17インチアルミホイール&タイヤセット=21万5250円/インテリアパネルセット=3万6750円)
【スペック】カローラフィールダー“スポーツM” 1.8S エアロツアラー:全長×全幅×全高=4420×1695×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1230kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6000rpm、19.0kgm/4800rpm)/価格=236万9000円(テスト車=302万7350円/HDDナビゲーションシステム=28万6650円/MODELLISTAエアロキット=11万9700円/17インチアルミホイール&タイヤセット=21万5250円/インテリアパネルセット=3万6750円) 拡大

関連キーワード:
ヴィッツカローラ フィールダーカローラ アクシオトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事