2009年モデル「サーブ9-3」、4WDグレード新登場

2008.12.16 自動車ニュース

2009年モデル「サーブ9-3」、4WDグレード新登場

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2008年12月12日、「サーブ9-3」の2009年モデルを発表。2009年1月10に発売する。

2009年モデルのトピックは、上級となる「エアロ」グレードに、サーブのフルタイム4WDシステム「XWD(クロスホイールドライブ)」を標準装備したことだ。これによりFFは「リニア」「ベクター」のみとなった。同時に「2.8T」には「eLSD(電子制御LSD)」が採用された。

エンジンラインナップも見直され、2.8リッターターボは最高出力が25psアップの280psへ変更。さらに「エアロ」には「リニア」と同じ2リッター直4ターボ(209ps)エンジンを搭載した「2.0T」が新たに加わった。

ボディカラーは、全モデル特別発注色を含め12色を設定。カブリオレには、新色のグレートップを追加し、ブルーとベージュの3色がオプション設定される。
今まで右ハンドルのみの設定だった「ベクター」に左ハンドルを受注生産モデルとして追加設定したのも新しい。

価格は、以下のとおり。

・9-3スポーツセダン
リニア(FF/5AT)右ハンドル:379.0万円
ベクター(FF/5AT)左・右ハンドル:459.0万円
エアロ2.0T(4WD/6AT)左・右ハンドル:529.0万円
エアロ2.8T V6(4WD/6AT)左・右ハンドル:629.0万円

・9-3スポーツエステート
リニア(FF/5AT)右ハンドル:399.0万円
ベクター(FF/5AT)左・右ハンドル:479.0万円
エアロ2.0T(4WD/6AT)左・右ハンドル:549.0万円
エアロ2.8T V6(4WD/6AT)左・右ハンドル:649.0万円

・9-3カブリオレ(FF/5AT)左/右ハンドル:654.0万円

(webCG ワタナベ)

「9-3スポーツセダン エアロ」
「9-3スポーツセダン エアロ」
2.8リッターV6ターボエンジン。
2.8リッターV6ターボエンジン。
 
2009年モデル「サーブ9-3」、4WDグレード新登場の画像
「9-3スポーツエステート エアロ」
「9-3スポーツエステート エアロ」
「9-3カブリオレ」
「9-3カブリオレ」

関連キーワード:
9-3スポーツセダン9-3カブリオレ9-3スポーツエステートサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表 2017.9.14 自動車ニュース マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表した。国内におけるSUVラインナップの最上級モデルにあたり、パワープラントには190psまで出力を高めた2.2リッターディーゼルエンジンを採用。最上級モデルにふさわしい充実した装備も特徴となっている。
ホームへ戻る