【スペック】ラリーアート:全長×全幅×全高=4585×1760×1515mm/ホイールベース=2635mm/車重=1590kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(240ps/6000rpm、35.0kgm/3000rpm)/価格=301万3500円(テスト車=350万9100円/寒冷地仕様=1万2600円/ルーフスポイラー=4万2000円/7インチワイドモニターHDDナビゲーション+リアビューカメラ+ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム=32万5500円/サイド&カーテンエアバッグ=8万4000円/ボディカラー・ホワイトパール=3万1500円)

三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】

来たれ、行動派 2008.12.16 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)
……255万8850円/350万9100円

「三菱ギャラン・フォルティス」シリーズに、ハッチバックボディの「スポーツバック」が加わった。さて、新しいボディ形状は、どんな変化をもたらしたのか……?

純粋にカッコいい

三菱の「ギャラン・フォルティス」にハッチバックが加わった。「スポーツバック」と呼ばれるこのモデルは、顔つきや4枚のドアまでがセダンとほぼ同じで、バックドアを含む後部のデザインのみが変更されている。開発当初から計画されていたとはいえ、コレがコンセプトの原型ではないかと思わせるほど、デザイン上のバランスは良好だ。最近流行りの「クーペのようなセダン」的でもある。
いわゆるノッチバック・セダンに対するハッチバックという、単なるボディ形式上の分類ではなく、純粋に「カッコいいクルマ」として評価されるべきモデルであろう。

ハッチバックのボディ形状は比較的小さなクルマに多いが、少し大きなサイズでも便利さは衆目の一致するところ、欧州車にはこのクラスでも普通に存在する。セダンより若向きで実用的でもあるから、行動派ユーザーには狙い目の一台といえよう。



三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】
基本的にセダンと共通のインテリア。写真は、2リッターNAユニットを積む「スポーツ」のもの。
【スペック】スポーツ:全長×全幅×全高=4585×1760×1515mm/ホイールベース=2635mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6000rpm、20.2kgm/4250rpm)/価格=216万3000円(テスト車=255万8850円/寒冷地仕様=1万2600円/ルーフスポイラー=4万2000円/7インチワイドモニターHDDナビゲーション+リアビューカメラ=22万5750円/サイド&カーテンエアバッグ=8万4000円/ボディカラー・パッションオレンジパール=3万1500円)
三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギャランフォルティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.7.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
    ……343万3500円

    ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。
  • 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.12.16 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)
    ……255万8850円/350万9100円

    「三菱ギャラン・フォルティス」シリーズに、ハッチバックボディの「スポーツバック」が加わった。さて、新しいボディ形状は、どんな変化をもたらしたのか……?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る