トップ > ニュース >日産が“超小型EV”の実証実験を横浜で開始 (2012.11.22)
2人乗りの超小型EV「日産ニューモビリティコンセプト」。
日産が超小型EVの実証実験を開始

日産が“超小型EV”の実証実験を横浜で開始

横浜市と日産自動車は、小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」を使用した超小型モビリティーの実証実験を、横浜市中心部で2012年11月19日に開始した。実験期間は2013年1月31日まで。

実証実験に使われる車両は8台。日産グローバル本社ギャラリーステーションには3台が配置される。
日産が超小型EVの実証実験を開始
利用するには登録が必要で、「普通免許証所有者。取得後3年以上で日常的(週1回以上)に運転している方」が対象。
日産が超小型EVの実証実験を開始
乗車定員は2人。バイクのようにタンデム乗車する格好となる。
日産が超小型EVの実証実験を開始

実証実験では、観光客や地域住民の移動手段としての有用性などを確認する。実施エリアは、横浜駅東口から、みなとみらい21地区や関内を経て山手・元町に至る横浜市中心部。「日産ニューモビリティコンセプト」を8台用意し、日産グローバル本社、赤レンガパーク、山下町地下駐車場の3カ所で希望者に貸し出す。

利用するには、日産カーレンタルソリューションのホームページに開設された専用サイトで会員登録する必要がある。1日最大3時間半利用でき、利用料は無料。(編集部注:11月22日現在、新規入会募集はいったん締め切られており、「入会募集を再開する場合は、本サイトにてあらためてお知らせ致します」とのこと)

「日産ニューモビリティコンセプト」はリチウムイオン電池を搭載した2人乗りの電気自動車。活用実験では軽自動車と同じ黄色いナンバープレートを掲げるが、全長234cm、全幅123cmとボディーは軽自動車よりずっと小さい。車重は490kg、最高速は80km/hという。

(webCG)

十分なパワーを備えており、道の流れに容易に乗ることができる。
日産が超小型EVの実証実験を開始
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (ニュース)

注目の情報[PR]