【スペック】全長×全幅×全高=4347×1801×1306mm/ホイールベース=2415mm/車重=1360kg/駆動方式=MR/3.4リッター水平対向6DOHC24バルブ(320ps/7200rpm、37.7kgm/4750rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・ケイマンS(MR/7AT)【海外試乗記】

進化の度合いは911以上 2008.12.15 試乗記 ポルシェ・ケイマンS(MR/7AT)

ポルシェのミドシップスポーツ「ケイマン」シリーズがマイナーチェンジされた。「911」シリーズと同様、新エンジン搭載とPDKの採用をしたことで、どのような変化をもたらしたのか?

新エンジンの秘密

ポルシェの動きが急だ。「911」シリーズが新型へ移行したかと思ったら、今度は「ケイマン」そして「ボクスター」がフェイスリフトを行った。目玉は911シリーズと同様、新エンジンの搭載と、デュアルクラッチトランスミッション「PDK」の採用である。今回、スペイン・ヘレス近郊でステアリングホイールを握るチャンスに恵まれたのは、そのうちの新しいケイマンSだ。

精悍さを増したエクステリアのモチーフは、眼光鋭いヘッドライトに象徴されるように、同じミドエンジン・スポーツであるカレラGTだったようである。その他の変更点は、前後レンズ類や前後バンパーなど、まさにフェイスリフトの定番メニュー。新型911同様、LEDも効果的に用いられている。デビュー3年で、意匠をこんなに変えなくてもいいのにとは思うが、特にバンパーまわりのデザインなど、ボクスターとの違いがこれまで以上に明確になったことは悪くない。

新しいエンジンは911シリーズに先に採用された完全新設計のブロックを用いたもの。ケイマンSは排気量を従来同様の3.4リッターとしたまま新たに直噴化され、ケイマンはポート噴射のまま排気量が2.7から2.9リッターに拡大された。一方は排気量を変えずに直噴化、もう一方は直噴化せずに排気量アップって一体どうして? と思うところだが、カギはこの2つのエンジンともストロークが77.5mmで一緒という点。つまり「ケイマン」に関しては、排気量を2.7リッターに留めるためにクランクを別設計して直噴化するより、「ケイマンS」とクランクを共用し、排気量拡大分の余裕をエミッションと燃費にまわすほうが、コストが抑えられるということなのだろう。ポルシェ側は絶対に「コスト」という言葉を使わないが、おそらく理由はそんなところだ。


ポルシェ・ケイマンS(MR/7AT)【海外試乗記】の画像
形式こそ従来と同じ水平対向6気筒ながら、エンジンは完全新設計。より軽く、重心低く、部品点数も少なくなっている。
形式こそ従来と同じ水平対向6気筒ながら、エンジンは完全新設計。より軽く、重心低く、部品点数も少なくなっている。

ポルシェ・ケイマンS(MR/7AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る