2009年モデル「キャデラックSRX」は3.6リッターだけ

2008.12.12 自動車ニュース

2009年モデル「キャデラックSRX」は3.6リッターだけ

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2009年モデルの「キャデラックSRX」を発表。2009年1月10日から発売を開始する。

2009年モデルの「SRX」は、ラインナップがシンプルになった。
これまで、4.6ッターと3.6リッターの2種類用意されていたエンジンは、3.6リッターV6エンジン(258ps/35.2kgm)のみに整理され、左右選べたハンドル位置も左のみとなる。

グレードは、17インチホイールの標準タイプ「コンフォート」と、20インチホイールやスポーツ志向の専用グリル、バンパーなどの外装パーツが装備される「スポーツ」の2モデル構成。

電動収納サードシートやBOSE 5.1chサラウンドサウンドシステム、DVDナビゲーションシステムなどを標準装備。リモコンによるリモートスタート機能も追加。ボディカラーには新色ラジアントシルバーが加わる。

価格は、コンフォート(4WD/5AT)が665.0万円、「スポーツ」(4WD/5AT)は705.0万円。

(webCG ワタナベ)

写真は、2007年モデル。
写真は、2007年モデル。 拡大

関連キーワード:
SRXクロスオーバーキャデラックSRX自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • キャデラックXT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.1 試乗記 キャデラックから、新型SUV「XT5クロスオーバー」が登場。熾烈(しれつ)なSUV市場に投入されるニューモデルの実力はどれほどのものか。車名もエンジンもプラットフォームも、従来モデルからすべてが一新されたキャデラック入魂の一台を試す。
ホームへ戻る