【スペック】A4 3.0 TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4703×1826×1427mm/ホイールベース=2808mm/車重=1690kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様)

アウディQ5 3.0 TDI クワトロ/A4 3.0 TDI クワトロ【海外試乗記】

日本で食べたい「すっぱい葡萄」 2008.12.12 試乗記 アウディQ5 3.0 TDI クワトロ/A4 3.0 TDI クワトロ

日本にないのに、欧州では人気者!? アウディで最も売れ筋だというディーゼルモデルの実力を、アメリカの道で試してみた。

常識が違う

ここはアメリカ、コロラド州――
試乗車は、大きな星条旗で飾られたアウディだ。
気合を入れてエンジン、スタート! っと、あんまり静かで調子がくるう。これって、ディーゼルじゃなかったっけ? キャンコロ、キャンコロ、言わないの……?

バスに、トラック。ニッポンで見慣れたディーゼル車と違って、「アウディQ5 3.0 TDI クワトロ」は粛々とアイドリングを続ける。まるでそう、レクサスみたいに。プレミアムブランドのディーゼル? 体験すればワカルと言われて来たけれど、ようやく納得の初対面。
なにせ「アウディQ5」、今年4月にデビューを果たすも、日本じゃいまだ売られていない。ここもやっぱり異国の地……カーナビ嬢は、英語をしゃべる。「Go straight!」の声にうながされて、ハイウェイを西へ向かった。

100km/hでずーっと巡航しても、エンジン音は「ゥーン……」とかすか。風切り音にも紛れそう。アイドリング並みに静かだなぁ、とメーターに目をやれば、回転数は本当に1600rpm(!)でしかない。まさに(ひと昔前の)アイドリング並み。
なのに、余裕のピックアップ。カタログが言うには、スーパースポーツ級の最大トルク=51.0kgm(!!)を、わずか1500-3000rpmで発生する。4500rpmで、もうレッドゾーン。ガソリン車とは、常識が違いすぎる。

車重はガソリンモデルに120kg増しの1865kgもあるけれど、0-100km/h加速は6.5秒と立派なもの。4.8リッターの「ポルシェ・カイエンS」さえ置き去りにできる。試しに長〜いコンボイを抜こうとしたら、スピード計は、あれよあれよと……290km/hまで刻まれたメーターは、ハッタリじゃぁないらしい。

試乗のスタート地、デンバーの市庁舎前に並んだ「A4」2台と「Q5」。
試乗のスタート地、デンバーの市庁舎前に並んだ「A4」2台と「Q5」。
一見ガソリン車と変わらないTDIモデルのメーター。レブリミットの低さと、最高速度の高さに注目。
一見ガソリン車と変わらないTDIモデルのメーター。レブリミットの低さと、最高速度の高さに注目。
【スペック】Q5 3.0 TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4629×1880×1653mm/ホイールベース=2808mm/車重=1865kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様)
【スペック】Q5 3.0 TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4629×1880×1653mm/ホイールベース=2808mm/車重=1865kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る