クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】A4 3.0 TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4703×1826×1427mm/ホイールベース=2808mm/車重=1690kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様)

アウディQ5 3.0 TDI クワトロ/A4 3.0 TDI クワトロ【海外試乗記】

日本で食べたい「すっぱい葡萄」 2008.12.12 試乗記 アウディQ5 3.0 TDI クワトロ/A4 3.0 TDI クワトロ

日本にないのに、欧州では人気者!? アウディで最も売れ筋だというディーゼルモデルの実力を、アメリカの道で試してみた。

常識が違う

ここはアメリカ、コロラド州――
試乗車は、大きな星条旗で飾られたアウディだ。
気合を入れてエンジン、スタート! っと、あんまり静かで調子がくるう。これって、ディーゼルじゃなかったっけ? キャンコロ、キャンコロ、言わないの……?

バスに、トラック。ニッポンで見慣れたディーゼル車と違って、「アウディQ5 3.0 TDI クワトロ」は粛々とアイドリングを続ける。まるでそう、レクサスみたいに。プレミアムブランドのディーゼル? 体験すればワカルと言われて来たけれど、ようやく納得の初対面。
なにせ「アウディQ5」、今年4月にデビューを果たすも、日本じゃいまだ売られていない。ここもやっぱり異国の地……カーナビ嬢は、英語をしゃべる。「Go straight!」の声にうながされて、ハイウェイを西へ向かった。

100km/hでずーっと巡航しても、エンジン音は「ゥーン……」とかすか。風切り音にも紛れそう。アイドリング並みに静かだなぁ、とメーターに目をやれば、回転数は本当に1600rpm(!)でしかない。まさに(ひと昔前の)アイドリング並み。
なのに、余裕のピックアップ。カタログが言うには、スーパースポーツ級の最大トルク=51.0kgm(!!)を、わずか1500-3000rpmで発生する。4500rpmで、もうレッドゾーン。ガソリン車とは、常識が違いすぎる。

車重はガソリンモデルに120kg増しの1865kgもあるけれど、0-100km/h加速は6.5秒と立派なもの。4.8リッターの「ポルシェ・カイエンS」さえ置き去りにできる。試しに長〜いコンボイを抜こうとしたら、スピード計は、あれよあれよと……290km/hまで刻まれたメーターは、ハッタリじゃぁないらしい。

試乗のスタート地、デンバーの市庁舎前に並んだ「A4」2台と「Q5」。
試乗のスタート地、デンバーの市庁舎前に並んだ「A4」2台と「Q5」。 拡大
一見ガソリン車と変わらないTDIモデルのメーター。レブリミットの低さと、最高速度の高さに注目。
一見ガソリン車と変わらないTDIモデルのメーター。レブリミットの低さと、最高速度の高さに注目。 拡大
【スペック】Q5 3.0 TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4629×1880×1653mm/ホイールベース=2808mm/車重=1865kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様)
【スペック】Q5 3.0 TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4629×1880×1653mm/ホイールベース=2808mm/車重=1865kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(240ps/4000-4400rpm、51.0kgm/1500rpm-3000rpm)(北米仕様) 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ
日本でもおなじみのA4だが、欧州ではディーゼルがその8割を占める(!)という事実は、あまり知られていないかも……
日本でもおなじみのA4だが、欧州ではディーゼルがその8割を占める(!)という事実は、あまり知られていないかも…… 拡大
アウディのターボディーゼル「TDIユニット」。3リッターの排気量から240ps、51.0kgmを発生する。
アウディのターボディーゼル「TDIユニット」。3リッターの排気量から240ps、51.0kgmを発生する。 拡大

これからはディーゼル車!?

ロッキー山脈のワインディングでも、登りを登りと感じない。静かで、速くて、超楽チン。目からウロコの、ディーゼル車。
アウディはいま、TFSI(直噴ターボ)とTDI(ディーゼルターボ)の二刀流で、世界の市場にアピール中だ。後者、全世界で販売されるアウディの“ディーゼル比率”は年々伸び続け、2007年はじつに52%。欧州だけなら72%。どちらかといえば、世の流れはディーゼルのほうにあるらしい。
……ちなみに、アメリカは1.6%、日本はずばり、ゼロだった。

なかでも一番の売れ筋が、もう1台の同伴車、「A4 3.0 TDI クワトロ」。基本コンポーネンツをQ5と同じくする、同社の基幹モデルである。

セダンのA4は、Q5より20cm背が低い。目線はうんと低くなり、気持ちがなにやらしゃんとする。車重は、マイナス180kg。超トルキーなパワーユニットはそのままだから、加速は推して知るべし。実際、0-100km/h加速は0.3秒も速く、ハンドリングもはるかに軽快に感じられる。

トランスミッションは、Q5の7段Sトロニック(2ペダルMT)に対して、A4は6段のティプトロニック(AT)。でも、実感できる違いなんて“段数”くらいのもの。オートマモードでこと足りるし、どちらもスムーズな変速フィーリングで甲乙つけがたい。

西部劇など映画の撮影舞台としても知られるモニュメントバレーにて。
西部劇など映画の撮影舞台としても知られるモニュメントバレーにて。 拡大
砂塵を上げて進む、現代の幌馬車(?)Q5。A4ともども、4WDシステム「クワトロ」が悪路での走りを支える。
砂塵を上げて進む、現代の幌馬車(?)Q5。A4ともども、4WDシステム「クワトロ」が悪路での走りを支える。 拡大

高い目線と広い荷室が得られる「Q5」に、軽快な走りが魅力の「A4」。キッチリとした住み分けができていて、巧いな、と思う。しかも「A3」「A5」「A6」「A8」「Q7」「TT」にもディーゼルがあるわけで、凄いな、とも思う。全て試乗したわけじゃないけれど……

気が付けば、あたりは真っ赤な荒野が広がっている。モニュメントバレーを過ぎてから、路面の“ゴツゴツ”が気になって、ダイナミックライドコントロールで“コツコツ”に抑える。ボタンひとつで3種類のダンパーセッティングが選べる足まわりは、日本の国道はもちろん、アメリカの酷道(?)でも頼もしい限り。

とどめは、ネンピ!

1000マイルをあとにして、目的地ラスベガスへと到着。トータル燃費は、どちらも13km/リッター前後を記録した。他の参加者のベストリザルトは、「Q5」「A4」ともに15.6km/リッター。回らないディーゼルのメリットか……ガソリンエンジンの「アウディA4 3.2 FSI クワトロ」だったら、こんな値は、ありえない。
太刀打ちできるの、ハイブリッドくらいじゃないの?――
アウディいわく、「ハイブリッドはゴー&ストップの条件下で強いが、高速も入れたトータル燃費なら、TDIのほうが優れています!」

スタンドで見た限り、アメリカの軽油はガソリンより15%以上高かったけど……「典型的なガソリン車に比べ、TDIは40%燃料を節約できますから」とメーカーは応戦する。それは、軽油がガソリンより安い日本では、さらにメリットを享受できることを意味する。

なのに……
この2台は、ニッポンの道を走れない。

ディーゼル・アウディが海を渡ってやってくるのは、まだまだ先の2010年。しかもそれは、尿素水「AdBlue」(アドブルー)を排気管に吹き付けつつ触媒で排ガスをキレイにするという、上級モデル「Q7 3.0 TDI」だけなのだ。今回試乗したQ5とA4は、2009年に日本で導入される厳しい排ガス規制(ポスト新長期規制)をクリアできない状況で……ちょっと悲しいオチがつく。

静かで、速くて、楽チンで、おまけにすこぶる燃費もいい。いいことづくめのディーゼルで、唯一の欠点は“絵に描いたモチ”ってことだった。
日本に来たら、人気出ると思うのになぁ。さんざんモチベーションあがったのになぁ。モチろん自分が買えるかはべつだけど、買える国のひとはいいなぁ……というのが、正直な気モチ。

(文=webCG関顕也/写真=アウディ・ジャパン)

「ルート66」沿いのドライブインで、1956年式「コルベット」とご対面。50年の変化を象徴するようなツーショット。
「ルート66」沿いのドライブインで、1956年式「コルベット」とご対面。50年の変化を象徴するようなツーショット。 拡大
各所での給油は、IMSA(International Motor Sports Association)立会いのもと、公正に行われた。ほかに顔をそろえたアウディTDIは、「A3」が18.3km/リッター、「Q7」が12.5km/リッターの最高燃費を記録した。
各所での給油は、IMSA(International Motor Sports Association)立会いのもと、公正に行われた。ほかに顔をそろえたアウディTDIは、「A3」が18.3km/リッター、「Q7」が12.5km/リッターの最高燃費を記録した。 拡大
アウディQ5 3.0 TDI クワトロ/A4 3.0 TDI クワトロ【海外試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
A4Q5アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事