【スペック】全長×全幅×全高=4580×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/2リッター水平対向4SOHC16バルブ(140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpm)/価格=182万7000円(テスト車=192万1500円)

スバル・インプレッサ アネシス2.0i(FF/4AT)【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサ アネシス2.0i(FF/4AT) 2008.12.10 試乗記 ……192万1500円
総合評価……★★★★

ひっそりと追加された「インプレッサ アネシス」は、「トヨタ・カローラアクシオ」「日産ブルーバードシルフィ」などと競合する、オーソドックスなセダン。目立たない存在ではあるが、好感が持てる一台だったという。



スバル・インプレッサ アネシス2.0i(FF/4AT)【ブリーフテスト】

スバルの後席王

見た目は地味。でも乗ると快適で、走りは個性的。スバル・インプレッサに追加された4ドアセダンのアネシスは、「レオーネ」を思い出させるクルマだった。「レオーネってなに?」という読者のために説明しておくと、レガシィやインプレッサが出る前、スバルの小型車セグメントを、事実上1台で支えてきたモデルである。
ニューモデルなのに、数年前から存在していたようなたたずまい。最近登場した新型車では、もっとも注目されにくい1台かもしれない。旧型には存在していたWRXなどの硬派グレードがないことも、その印象に輪をかけている。
前後のオーバーハングがほぼ同じで、ホイールベースが長めのプロポーションはレオーネそっくり。運転席に収まり走り出せば、おなじみのフラット4サウンドが流れてくる。そして乗り心地がいい。とくに後席のそれは、はるかに格上のセダンにも負けないほど安楽。現行スバルでは文句なしの後席王である。
デビュー直後はその姿から、「どんな人が買うんだろ?」という疑問さえ抱いたアネシスだったけれど、乗ってみるとこのクラスのセダンでイチオシの1台だった。しかも熱狂的なスバリストから保守的なユーザーまで満足できるという懐の広さもある。見た目勝負の安直商品が目立つ昨今だからこそ、中身重視の成り立ちに好感が持てた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る