第379回:寝耳に水! まさかのF1撤退劇
暴論!? もうホンダに新作スポーツカーはいらない!

2008.12.09 エッセイ

第379回:寝耳に水! まさかのF1撤退劇暴論!? もうホンダに新作スポーツカーはいらない!

2008年10月、日本GP直前の記者会見にて。
第379回:寝耳に水! まさかのF1撤退劇暴論!? もはやホンダに新作スポーツカーはいらない!

やめる気配すらなかったのに

ついに……というか、マジ? というかまさか!? という感じで、ごぞんじのとおり先週5日にホンダがF1撤退を発表した。2000年に復活して第3期体制になってからというもの、7年目にわずか1勝のみで、あとは鳴かず飛ばず。
これだけやって、ろくに勝てないんだったらやめたら……って話はたしかにあったが、優勝請負人のロス・ブラウンが今年フェラーリから移籍したこともあったし、すぐにやめると思わなかった。意地もあるだろうし、あったとしても2年後ぐらいとは思っていた。

しかし、突然の撤退。“まさか”ではある。「人生には上り坂と下り坂、そしてまさかがある」との名言(迷言?)を残した小泉元首相にコメントを貰いたいくらいだ。

考えられるのはホンダの内部分裂だ。ウワサじゃもともと体育会系気質だったホンダも、ここ10数年ですっかり大会社化、一枚岩じゃなくなったって話で、実際、今もホンダのオフィシャルホームページにはロス・ブラウンの戦略やら、ブルーノ・セナのテストリポートまで、むなしく載っている。それを見るかぎり、直前までやめる気配すらなく、内部は相当チグハグだった可能性が高い。

景気は明らかに悪くなってるし、社内の財政事情が厳しいのは容易に想像がつく。しかし、今回の撤退はカネがないからやめるということじゃなく、先が読めないから控えるという行動だ。
でも、このホンダの行動がさらなる不況を呼び、それが再びホンダのクビをしめる。これでトヨタまで辞めたらどうなる。お先まっくらだ。こんなんで「クルマを買おう!」ってなるわけないじゃないか。
大メーカーがそろって撤退したら「不況なんだな〜」って消費者のマインドは冷えるし、広告効果はともかく、レースをきっかけにして増えるクルマ好きがいなくなる。そりゃー寂しい話だよ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』