「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

2008.12.08 自動車ニュース

「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

日産自動車は、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」に一部手直しを加え、2008年12月8日に発売した。

2007年12月6日の販売開始からちょうど1年。日産GT-Rに変更が施された。
エンジン本体およびコンピューター制御の精度を上げることで、出力を5psアップ(480ps→485ps)。10・15モード燃費も8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上させた。

同時に、ショックアブソーバーも一新。「フロントバネレートのアップを含むサスペンションセッティングの改良により、回頭性の良いハンドリングとフラットな乗り心地の両立をさらに高めた」という。

ほか、細かい変更点としては、新色「ブリリアントホワイトパール」の追加、フロントナンバープレート取り付け変更による全長の短縮(−5mm)、燃料タンクの容量増加など。従来ブリヂストンタイヤのみだった「Black edition」で、ダンロップとの組み合わせもできるようになった。

価格は、以下のとおり。素の「GT-R」が84.0万円アップ、それ以外は、それぞれ89万2500円高くなった。
・「GT-R」:861万円
・「GT-R Black edition」:882万円
・「GT-R Premium edition」:924万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る