「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

2008.12.08 自動車ニュース

「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

日産自動車は、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」に一部手直しを加え、2008年12月8日に発売した。

2007年12月6日の販売開始からちょうど1年。日産GT-Rに変更が施された。
エンジン本体およびコンピューター制御の精度を上げることで、出力を5psアップ(480ps→485ps)。10・15モード燃費も8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上させた。

同時に、ショックアブソーバーも一新。「フロントバネレートのアップを含むサスペンションセッティングの改良により、回頭性の良いハンドリングとフラットな乗り心地の両立をさらに高めた」という。

ほか、細かい変更点としては、新色「ブリリアントホワイトパール」の追加、フロントナンバープレート取り付け変更による全長の短縮(−5mm)、燃料タンクの容量増加など。従来ブリヂストンタイヤのみだった「Black edition」で、ダンロップとの組み合わせもできるようになった。

価格は、以下のとおり。素の「GT-R」が84.0万円アップ、それ以外は、それぞれ89万2500円高くなった。
・「GT-R」:861万円
・「GT-R Black edition」:882万円
・「GT-R Premium edition」:924万円

(webCG 関)

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • 【ニューヨークショー2018】トヨタが新型「RAV4」を世界初公開 2018.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年3月13日、ニューヨーク国際自動車ショー(開催期間:2018年3月28日~4月8日)で、新型「RAV4」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る