「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

2008.12.08 自動車ニュース

「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

日産自動車は、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」に一部手直しを加え、2008年12月8日に発売した。

2007年12月6日の販売開始からちょうど1年。日産GT-Rに変更が施された。
エンジン本体およびコンピューター制御の精度を上げることで、出力を5psアップ(480ps→485ps)。10・15モード燃費も8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上させた。

同時に、ショックアブソーバーも一新。「フロントバネレートのアップを含むサスペンションセッティングの改良により、回頭性の良いハンドリングとフラットな乗り心地の両立をさらに高めた」という。

ほか、細かい変更点としては、新色「ブリリアントホワイトパール」の追加、フロントナンバープレート取り付け変更による全長の短縮(−5mm)、燃料タンクの容量増加など。従来ブリヂストンタイヤのみだった「Black edition」で、ダンロップとの組み合わせもできるようになった。

価格は、以下のとおり。素の「GT-R」が84.0万円アップ、それ以外は、それぞれ89万2500円高くなった。
・「GT-R」:861万円
・「GT-R Black edition」:882万円
・「GT-R Premium edition」:924万円

(webCG 関)

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る