「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

2008.12.08 自動車ニュース

「日産GT-R」がパワーアップ! 値段もアップ

日産自動車は、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」に一部手直しを加え、2008年12月8日に発売した。

2007年12月6日の販売開始からちょうど1年。日産GT-Rに変更が施された。
エンジン本体およびコンピューター制御の精度を上げることで、出力を5psアップ(480ps→485ps)。10・15モード燃費も8.2km/リッターから8.3km/リッターへと向上させた。

同時に、ショックアブソーバーも一新。「フロントバネレートのアップを含むサスペンションセッティングの改良により、回頭性の良いハンドリングとフラットな乗り心地の両立をさらに高めた」という。

ほか、細かい変更点としては、新色「ブリリアントホワイトパール」の追加、フロントナンバープレート取り付け変更による全長の短縮(−5mm)、燃料タンクの容量増加など。従来ブリヂストンタイヤのみだった「Black edition」で、ダンロップとの組み合わせもできるようになった。

価格は、以下のとおり。素の「GT-R」が84.0万円アップ、それ以外は、それぞれ89万2500円高くなった。
・「GT-R」:861万円
・「GT-R Black edition」:882万円
・「GT-R Premium edition」:924万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る