最終戦ブラジルGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.11.26 自動車ニュース

【F1 2012 速報】最終戦ブラジルGP、バトン優勝、ベッテル6位で3連覇達成

F1世界選手権第20(最終)戦ブラジルGP決勝が、2012年11月25日、ブラジルはサンパウロにあるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(4.309km)を71周して行われた。

セバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソによる13点を挟んでのワールドチャンピオン決定戦は、降ってはやむ雨に翻弄(ほんろう)される展開となった。

7番グリッドからスタートしたフェラーリのアロンソは、タイトル獲得のためには表彰台圏内でのゴールが必須だった。難しいコンディションの中、上位脱落にも助けられ2位でフィニッシュすることができたが、ポイントリーダーであるレッドブル・ルノー駆るベッテルが6位でチェッカードフラッグを受けたことで、ベッテルはアロンソを3点上回ることに成功。3年連続でワールドチャンピオンの称号を獲得した。

優勝は、マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトン。3月の開幕戦オーストラリアGP、9月の第12戦ベルギーGPに続く今季3勝目を飾った。アロンソに次いでフェリッペ・マッサが3位でゴール。フェラーリは健闘むなしくドライバーズタイトルを逃したが、コンストラクターズチャンピオンシップではマクラーレンを凌駕(りょうが)し、ランキング2位に終わった。

マーク・ウェバーがドライブするレッドブルは、レース中のスピンなどで肝を冷やしたが無事完走し4位。フォースインディア・メルセデスのニコ・ヒュルケンベルグは、一時はトップを快走するも挙動を乱しルイス・ハミルトンと接触、ドライブスルーペナルティーを受けながら5位でフィニッシュした。

6位ベッテルの後ろでゴールしたのは、このレースを最後に現役引退となるメルセデスのミハエル・シューマッハー。トロロッソ・フェラーリのジャン=エリック・ベルニュ8位、そしてザウバー・フェラーリでの最後のレースとなる小林可夢偉が9位に入り今年9回目の入賞を果たした。10位はロータス・ルノーのキミ・ライコネンだった。

以下、11位ビタリー・ペトロフ(ケイターハム・ルノー)、12位シャルル・ピック(マルシャ・コスワース)、13位ダニエル・リチャルド(トロロッソ)、14位ヘイキ・コバライネン(ケイターハム)、15位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、16位ティモ・グロック(マルシャ)、17位ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRTコスワース)、18位ナレイン・カーティケヤン(HRT)、19位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)が完走となった。

ドライバーズチャンピオンシップ
1位 セバスチャン・ベッテル 281点
2位 フェルナンド・アロンソ 278点
3位 キミ・ライコネン 207点
4位 ルイス・ハミルトン 190点
5位 ジェンソン・バトン 188点
6位 マーク・ウェバー 179点
7位 フェリッペ・マッサ 122点
8位 ロメ・グロジャン 96点
9位 ニコ・ロズベルグ 93点
10位 セルジオ・ペレス 66点
11位 ニコ・ヒュルケンベルグ 63点
12位 小林可夢偉 60点
13位 ミハエル・シューマッハー 49点
14位 ポール・ディ・レスタ 46点
15位 パストール・マルドナド 45点
16位 ブルーノ・セナ 31点
17位 ジャン=エリック・ベルニュ 16点
18位 ダニエル・リチャルド 10点
19位 ビタリー・ペトロフ 0点
20位 ティモ・グロック 0点
21位 シャルル・ピック 0点
22位 ヘイキ・コバライネン 0点
23位 ジェローム・ダンブロジオ 0点
24位 ナレイン・カーティケヤン 0点
25位 ペドロ・デ・ラ・ロサ 0点

コンストラクターズチャンピオンシップ
1位 レッドブル・ルノー 460点
2位 フェラーリ 400点
3位 マクラーレン・メルセデス 378点
4位 ロータス・ルノー 303点
5位 メルセデス 142点
6位 ザウバー・フェラーリ 126点
7位 フォースインディア・メルセデス 109点
8位 ウィリアムズ・ルノー 76点
9位 トロロッソ・フェラーリ 26点
10位 ケイターハム・ルノー 0点
11位 マルシャ・コスワース 0点
12位 HRTコスワース 0点

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。