第70回:コレは強敵だ! 「iPod」はクルマを滅ぼす!?

2008.12.06 エッセイ

第70回:コレは強敵だ! 「iPod」はクルマを滅ぼす!?

「ルノー・トゥインゴ」のカタログ写真。“剣山”トレイには「iPod nano」が。
第70回:コレは強敵だ! 「iPod」はクルマを滅ぼす!?

ワイヤレスウォークマン

「最高の音楽鑑賞は生演奏に限る」と信じてきたボクは、これまでの半生、オーディオに大枚をはたいたことはなかった。
ましてや、音質が限られる携帯音楽プレーヤーに関しては興味がなかった。高校時代、同級生は「ウォークマン」欲しさにアルバイトをしていたが、「何もそこまでしなくても」と冷静な目で傍観していたものだ。

そんなボクが唯一過去に所有したウォークマンは、1990年代初頭、通勤電車で語学学習するために買った「ワイヤレスウォークマン」だけだ。

本体・イヤホン間をFM波で飛ばす仕組みだったが、これがひどい代物だった。満員電車では他の客が持つ同型機の電波とたびたび混信した。割り込んでくるのは、大抵耳をつんざくヘビメタだったりした。そのたびボクは反射的にあたりを見回し、発信源と思われるイヤホンをした人物を、思わず怖い目で探してしまったものだ。まあ、それでも使い続けてしまったところがソニーファンの悲しい性であるが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。