「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでグレードアップ

2008.12.04 自動車ニュース
「ホンダ・アコード」
「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでひとまわり大きく

「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでグレードアップ

本田技研工業は2008年12月4日、ミディアムセダン/ワゴンの「アコード」をフルモデルチェンジして発表。翌12月5日から発売する。

新型アコードを「いつまでも走りつづけたくなるような一台になった」と評する、本田技研工業の福井威夫社長。
「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでひとまわり大きく

■すべての要素で上質に

1976年に初代が誕生するや、早くもアメリカへの輸出を開始し、2代目からは現地生産もスタート。現在では欧州を中心に販売される「アコード」が、このたび8代目となる新型へとフルモデルチェンジを果たした。
「車格をワンランク上げた」(福井社長)とする新型はボディを大型化し、さらに「すべての要素で上質に」(福井社長)したとアピールされる。

ボディタイプはセダンとワゴンの2種で、後者は名称が「ワゴン」から「ツアラー」へと改められた。これは、荷物を載せるというよりロングツーリングを目的としたクルマのカラーを明確にだしたい気持ちとのこと。

エンジンは2.4リッター一本に絞られ、パドルシフト付きの5段ATが組み合わされる。従来型にあった4WDはラインナップから消え、FFのみとなった。
価格はセダンが270.0万円から380.0万円、ツアラーが295.0万円から410.0万円。月の販売目標台数はセダン、ツアラー合わせて1000台に設定される。

「ホンダ・アコードツアラー」
「ホンダ・アコードツアラー」
 
「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでグレードアップの画像

■ワゴン、セダンでプラットフォームを共通化

先代はワゴンとセダンでプラットフォームを別に用意するという贅沢なモデルであったが、今作ではセダン、ツアラーともに共通なものを用いる。
スリーサイズは、セダンが4730(+65)×1840(+80)×1440(−10)mm、ワゴンが4750(+0)×1840(+80)×1470(−25)mmと先代よりボリュームアップした。2705mmというホイールベースは、セダンで35mm延長、ツアラーで15mm短縮。差があるのは前述のようにプラットフォームが異なっていたため。しかしホイールベースが短縮されたツアラーでも、前後乗員間の距離は10mm拡大したとされる。

エクステリアデザインは欧州アコードと共通。ウェッジシェイプや、ワイドトレッドを強調するホイールアーチなどが特徴となる。なお、北米では日本の「インスパイア」が「アコード」として販売されている。

幅広になったボディにともなって、室内幅は大幅に拡大。左右乗員間距離を40mm広げたほか、アームレスト、ショルダースペースなどがともに拡大された。
サイドサポートが大きく張り出したフロントシートが据えられ、ドライバーズカーを演出。ダッシュパネルなどには、上質さを高めたという素材が用いられる。

 
「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでひとまわり大きく

■パドルシフトを全車標準装備

2リッターがなくなり2.4のみとなったエンジンは直4DOHC i-VTECユニットで、従来同様。最高出力206ps/7000rpm、最大トルク23.7kgm/43000rpmのスペックは、数字上は6psの出力アップにとどまるものの、吸排気効率や圧縮比の見直しなどにより、全域で高トルク化を実現しているという。

トランスミッションには、2速をローギアード化して加速性能を向上させた、マニュアルモード付き5段ATを採用。ロックアップの領域を拡大することで、燃費向上にも貢献すると謳われる。また、Dレンジでの変速操作も可能なパドルシフトが、すべてのグレードに備わった。

スポーティなアコードのキャラクターにふさわしく、旋回状態を判断しコーナリング時の不要な変速を抑える「コーナリングGシフト制御」も採用される。

 
「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでひとまわり大きく

■しっとりとした乗り心地を実現

サスペンションは前ダブルウィッシュボーン/後マルチリンクダブルウィッシュボーンを採用。ジオメトリーの見直しなどにより、旋回性能を高めたという。
新たに採用された新開発のダンパーは、コーナリングなどストローク速度が遅い領域では従来同等ながら、段差越えなどのストロークが速い大入力時に、よりソフトな特性とされた。荒れた路面などでも、しっとりとした乗り心地を実現したとアピールされる。

また「インスパイア」にも見られた、エンジンのロール中心を調整することで旋回フィールを高めるという工夫も採り入れられており、乗り心地だけでなく、運転し心地にもこだわるのはホンダらしい。

ツアラーの荷室は通常で406リッター、後席を倒すことで660リッターまで広がる。
ツアラーの荷室は通常で406リッター、後席を倒すことで660リッターまで広がる。
 
「ホンダ・アコード」がフルモデルチェンジでグレードアップの画像

■カウンターステアもアシスト

安全装備として「モーションアダプティブEPS」が全グレードで標準装備される。これは、車両挙動を安定化するVSAと協調して、操舵力アシスト制御をするというもの。たとえば、オーバーステア時にはカウンターステアをあてやすいような、ステアリングアシストが施される。

サイドカーテンエアバッグなどが含まれる6エアバッグは全グレード標準。車間制御のACC(アダプティブクルーズコントロール)や車線維持支援を行うLKAS(レーンキープアシストシステム)、追突軽減ブレーキなどは、最上級グレードに標準装備される。
フロントピラーを従来より約18%細くすることで、ドライバーの視界を広げるという、安全運転に対する細かい工夫も詰め込まれた。

ホンダのカーテレマティクス「インターナビシステム」では、景色のいい道路やオススメスポットを巡る観光ルートを案内する「シーニックルート探索」に新しさを感じた。

(webCG 本諏訪)

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • ホンダ、新型「N-BOX」の情報をウェブで先行公開 2017.5.25 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月25日、同年秋に発売を予定している新型「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る