アウディA5に「カブリオレ」が登場

2008.12.04 自動車ニュース

アウディA5に「カブリオレ」が登場

独アウディAGは、アウディA5シリーズのラインナップに、新たにカブリオレモデルを追加し、2009年第二四半期に発売すると発表した。

■いまあえてソフトトップ

「アウディA5カブリオレ」は、従来の「A4カブリオレ」の後継にあたるミドクラスの4人乗りオープンモデルだ。

注目のルーフには、ファブリック製のソフトトップを採用した。このクラスのオープンカーには、ハードトップのクーペカブリオレが増えてきているが、インゴルシュタットの自動車メーカーは、軽量に仕上げられることや重心を下げられること、スタイリングを美しく仕上げられることなどを理由に、ソフトトップを採用。ミュンヘンの自動車メーカー(BMW)に対抗する。

A5のソフトトップは、3層構造の外側、アウターのカラーを4色から選択可能とし、インナーにも3色を設定。ボディ色との多様な組み合わせを実現した。これもソフトトップならではの特徴を活かしたセリングポイントといえるだろう。

トップは電動開閉式。開閉に要する時間は、オープン時に15秒、クローズ時は17秒という速さを実現。さらに時速50km/h以下であれば走行中でも操作可能になっている。

新型A5カブリオレには、「アコースティック・トップ」と呼ばれるオプションが用意される。これは3層レイヤーの真ん中の素材に最大15mm厚の特製防音素材を採用し、ハードトップに迫る静粛性を実現したとする豪華版ルーフのこと。この仕様を選ぶと、天井にリアシート用ライトまで装備される。

トランクルームの容量は、ルーフを閉めた状態で380リットル。オープン時には320リッターを確保。ミュンヘンのカブリオレ(クローズ時:350リッター/オープン時:210リッター)を凌駕した。

バリエーションは、1.8TFSI(160hp)、2.0TFSI(180hp)、3.2FSI(265hp)など、計8モデルが設定される(ディーゼルを含む)。トップモデルには、3リッタースーパーチャージャー(333hp)搭載の「S5」が君臨する。

(webCG 曽宮)

アウディA5カブリオレ
アウディA5カブリオレ
 
アウディA5に「カブリオレ」が登場の画像
 
アウディA5に「カブリオレ」が登場の画像
 
アウディA5に「カブリオレ」が登場の画像
アウディS5カブリオレ
アウディS5カブリオレ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る