その名は「卑弥呼」! ミツオカの新型オープン、デビュー

2008.12.03 自動車ニュース

その名は「卑弥呼」! ミツオカの新型オープン、デビュー

光岡自動車は2008年12月3日、新型のオープン2シーター「卑弥呼」(ヒミコ)を発表。翌4日より受注を開始する。

ミツオカ・ヒミコは、1990年にデビューしたクーペ「ラ・セード」の跡を継ぐ、オープン2シーターモデルだ。

弥生時代の日本で邪馬台国を治めたとされる女性、「卑弥呼」が車名の由来。「強い求心力、品格、美貌を備えた女王の姿」をイメージしてのことだという。

ロングノーズ・ショートデッキのエクステリアは、平成ニッポンの「マツダ・ロードスター RHT」をベースにカスタマイズを施したもの。Aピラーから前をミツオカ得意のストレッチ技術で延長し、オリジナルのボディパネルを与えた。クラシカルなフロントマスクと後方へと流れるフロントフェンダーが印象的。英国のスポーツカー「モーガン」を想わせるデザインだ。ベースモデル同様、ルーフは電動で開閉できる。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4575×1725×1255mm。ホイールベースはロードスターより700mm(約30%)延長され、リムジン並み(!)の3030mmに。車重は120kg増しの1280kg(ATモデル)となっている。

インテリアは、基本的にロードスターそのもの。搭載されるエンジンも共通の2リッターユニットで、トランスミッションは、6ATと6MTが選べる。

価格はベースモデルのほぼ倍に相当する495.0〜565.0万円で、年間の目標販売台数は、左ハンドルの輸出仕様車も含めて35台。2008年12月4日よりオフィシャルサイトで注文を受け付け、来年3月からの納車を予定しているという。

(webCG 関)

「ヒミコ」、邪馬台国の卑弥呼(?)とともに登場。写真右はミツオカの光岡進会長。
「ヒミコ」、邪馬台国の卑弥呼(?)とともに登場。写真右はミツオカの光岡進会長。
キャビンを基点に、前7:後3。個性的な“胴長プロポーション”のヒミコ。
キャビンを基点に、前7:後3。個性的な“胴長プロポーション”のヒミコ。
インテリアは、ほぼロードスターのまま。2009年モデルの購入者には、本木目調パネル(約10万円)がプレゼントされる。
インテリアは、ほぼロードスターのまま。2009年モデルの購入者には、本木目調パネル(約10万円)がプレゼントされる。
エンジンの搭載位置はロードスターと変わらず。とはいえ、相対的には、かなり後ろ寄りに。
エンジンの搭載位置はロードスターと変わらず。とはいえ、相対的には、かなり後ろ寄りに。
その名は「卑弥呼」! ミツオカの新型オープン、デビューの画像

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売 2017.9.1 自動車ニュース 日本古来の「武の美」がテーマ。個性派の限定車「ミツオカ・ヒミコ ラン」が登場。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.9.25 試乗記 「スズキ・スイフト」に、独自のフルハイブリッドシステムが搭載された新モデルが登場。2ペダル自動MTとモーターを組み合わせたユニークなパワートレインの見どころと、他のグレードよりさらに上質感を増したドライブフィールを報告する。
ホームへ戻る