その名は「卑弥呼」! ミツオカの新型オープン、デビュー

2008.12.03 自動車ニュース

その名は「卑弥呼」! ミツオカの新型オープン、デビュー

光岡自動車は2008年12月3日、新型のオープン2シーター「卑弥呼」(ヒミコ)を発表。翌4日より受注を開始する。

ミツオカ・ヒミコは、1990年にデビューしたクーペ「ラ・セード」の跡を継ぐ、オープン2シーターモデルだ。

弥生時代の日本で邪馬台国を治めたとされる女性、「卑弥呼」が車名の由来。「強い求心力、品格、美貌を備えた女王の姿」をイメージしてのことだという。

ロングノーズ・ショートデッキのエクステリアは、平成ニッポンの「マツダ・ロードスター RHT」をベースにカスタマイズを施したもの。Aピラーから前をミツオカ得意のストレッチ技術で延長し、オリジナルのボディパネルを与えた。クラシカルなフロントマスクと後方へと流れるフロントフェンダーが印象的。英国のスポーツカー「モーガン」を想わせるデザインだ。ベースモデル同様、ルーフは電動で開閉できる。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4575×1725×1255mm。ホイールベースはロードスターより700mm(約30%)延長され、リムジン並み(!)の3030mmに。車重は120kg増しの1280kg(ATモデル)となっている。

インテリアは、基本的にロードスターそのもの。搭載されるエンジンも共通の2リッターユニットで、トランスミッションは、6ATと6MTが選べる。

価格はベースモデルのほぼ倍に相当する495.0〜565.0万円で、年間の目標販売台数は、左ハンドルの輸出仕様車も含めて35台。2008年12月4日よりオフィシャルサイトで注文を受け付け、来年3月からの納車を予定しているという。

(webCG 関)

「ヒミコ」、邪馬台国の卑弥呼(?)とともに登場。写真右はミツオカの光岡進会長。
「ヒミコ」、邪馬台国の卑弥呼(?)とともに登場。写真右はミツオカの光岡進会長。 拡大
キャビンを基点に、前7:後3。個性的な“胴長プロポーション”のヒミコ。
キャビンを基点に、前7:後3。個性的な“胴長プロポーション”のヒミコ。 拡大
インテリアは、ほぼロードスターのまま。2009年モデルの購入者には、本木目調パネル(約10万円)がプレゼントされる。
インテリアは、ほぼロードスターのまま。2009年モデルの購入者には、本木目調パネル(約10万円)がプレゼントされる。 拡大
エンジンの搭載位置はロードスターと変わらず。とはいえ、相対的には、かなり後ろ寄りに。
エンジンの搭載位置はロードスターと変わらず。とはいえ、相対的には、かなり後ろ寄りに。 拡大
その名は「卑弥呼」! ミツオカの新型オープン、デビューの画像 拡大

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • メルセデス・ベンツG350d/GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)【試乗記】 2018.6.9 試乗記 メルセデスのSUVにイッキ乗りできる、ぜいたくな試乗会が開催された。リポーターがチョイスしたのは、デビューから40年の集大成となる従来型「Gクラス」と、売れ筋ミドルサイズの「GLC」。とりわけ印象に残ったのは、Gクラスの独自の世界観と完成度の高さだった。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る