「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

2008.12.03 自動車ニュース
「スカイライン370GT Type SP」
「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

日産自動車は2008年12月2日、「スカイライン セダン/クーペ」に一部改良を施し、同日販売を開始した。

VQ37VHRエンジン
「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

■セダンに3.7リッター採用

「スカイライン セダン」の改良では、3.5リッターエンジンが3.7リッターに変更されたのが大きなニュース。従来のVQ35HRに変わって採用されたのは、「スカイラインクーペ」にも搭載される、バルブ作動角・リフト量連続可変システム(VVEL)備えた「VQ37VHR」エンジン。最高出力330ps/7000rpm、最大トルク36.8kgm/5200rpmというスペックは、クーペより若干抑えられた。
トランスミッションは先日発表されたばかりの「フェアレディZ」で用いられた、マニュアルモード付きの7段ATが組み合わされる。なお、MTは用意されない。

さらに2.5リッターを含むすべてのグレードで、従来オプション設定であったSRSカーテンエアバッグ、前席サイドエアバッグ、アクティブAFS(舵角に応じてヘッドランプの配光を変化させる)などが標準装備とされた。ドアミラー形状を含む一部内外装の変更も行われ、加えて、ボディカラー全色でスクラッチシールドが採用されたのも新しい。

従来比で10万5000円〜21万円値上げされ、車両価格は289万8000円〜401万1000円。

「スカイライン クーペ 370GT Type SP」。写真は新色のクリスタルホワイトパール。
「日産スカイライン」、セダンも3.7リッターエンジンを搭載

■7段AT化したクーペ

「スカイライン クーペ」にも従来の5段ATに代わる7段ATが与えられた。
同時に、ボディにはスクラッチシールドが施され、クリスタルホワイトパールの新色を追加。インテリジェントエアコンシステムとプライバシーガラスが標準化されるなどの変更も行われた。

価格は383万2500円〜460万9500円。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 第2回:独創のGT-R<1969年>
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を世界初公開 2017.7.24 自動車ニュース スズキは2017年7月24日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る