【スペック】全長×全幅×全高=4930×1890×1475mm/ホイールベース=2845mm/車重=2160kg/駆動方式=4WD/5リッターV10DOHC40バルブターボ(580ps/6250-6700rpm、66.3kgm/1500-6250rpm)/価格=1660.0万円(テスト車=1678.0万円/DRC+スポーツサスペンション=18.0万円)

アウディRS6アバント(4WD/6AT)【試乗記】

スピードよりも大事なもの 2008.12.03 試乗記 アウディRS6アバント(4WD/6AT)
……1678.0万円
パワーやスピード至上主義に疑問が呈されるこのご時世、一見そのふたつを追求したように見える「アウディRS6アバント」。だが試乗すると、もっと大事なものを見せてくれた。

「わんぱく相撲」の朝青龍

「アウディRS6アバント」のシートは、オーダーメイドしたスーツのように体にぴったりフィットした。……なんてことを人生で一度しかスーツをオーダーしたことのない自分が書くのも僭越ですが、とにかくRS6専用のスポーツシートは、うっかりすると自分の体が支えられていることに気付かないくらい絶妙にホールドしてくれる。レザーの肌触りもキメの細かいもので、腰掛けただけで手間暇かけて作ったクルマだということが伝わる。

インパネのスターターボタンを押してエンジンを始動する前に、グランドピアノみたいに艶々と黒光りするインパネに一礼。こういう仕事をしていても5リッターのV型10気筒ツインターボなどというエンジンには滅多にお目にかかれない、ありがたいもの。ホント、「有難い」という漢字の意味そのままだ。

けれども、ドライバーの緊張と過度の期待とは裏腹に、V10ツインターボはフツーに始動する。フツーじゃないのは低くて重厚な排気音が腹に響くことだ。ただし窓さえ閉めてしまえば車内は静かで、「ボーボー」という音は遠い世界の出来事になる。

580psという最高出力が頭にあると、ついビビってアクセルを踏む足が縮んでしまうけれど、心配ご無用。市街地の20km/h、30km/hの速度域でのV10ツインターボは気難しさのかけらもない、上品な手触りのエンジンだ。2000rpm以下でもアクセルを踏めばスーッと加速して、「わんぱく相撲」でちびっこ力士を抱え上げる朝青龍みたいな余裕をみせてくれる。けれども高速道路に入ってアクセルを踏み込むと、朝青龍は本気になる。

シルクナッパレザーを使用したスポーツシート。
シルクナッパレザーを使用したスポーツシート。

アウディRS6アバント(4WD/6AT)【試乗記】の画像
アウディRS6アバント(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 6アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る