新しいMINIに、オープンモデルが登場!

2008.12.01 自動車ニュース

新しいMINIに、オープンモデルが登場!

2008年11月28日独BMWは、ニューMINIに、ハッチバック、クラブマンに続く“第三のMINI”「コンバーチブル」を発表した。

追加されるのは「MINIクーパー・コンバーチブル」と「MINIクーパーSコンバーチブル」、二本立てのオープンモデル。

ソフトトップのルーフは、スライディングルーフ機能付きの電子制御油圧式。30km/h以下なら走行中にルーフを開閉できる機能や、ルーフを開けて走行していた時間を測る「オールウェイズ・オープン・タイマー」がオプション設定される。これらコンバーチブルならではのオプションや特別装備のほか、ボディやルーフのカラー、シートおよびインテリアトリム、ホイールの種類などを充実させることでより“自分好みのMINI”にカスタマイズできるのがポイント。

後席後方に備わる新開発の電子制御機械式ロールオーバーバーは、通常時は隠れており、横転の恐れがあることを察知すると作動する仕組みになっている。

ラゲッジ開口部は従来より拡大され、荷室容量は先代からルーフオープン時およびクローズ時ともに5リッター増量。オープン時125リッター、クローズ時は170リッターとなる。後席をたためば、先代比55リッター増えて660リッターの荷室が得られる。オプションでトランクスルー機能を追加することも可能だ。

エンジンは、ハッチバック版と同じスペックの1.6リッター直4エンジンを搭載。クーパーには120psを発生するNAエンジンが、クーパーSには175ps仕様のターボエンジンが積まれる。どちらにも、オートマチックスタート/ストップ機能、ブレーキエネルギー回生システム、ギアシフトポイントインジケーターが装備される。

サスペンションはコンバーチブル向けに開発されたものが備わる。「ダイナミックスタビリティコントロール」(DSC)は標準装備され、電子制御式LSD機能をもつ「ダイナミックトラクションコントロール」(DTC)はオプション設定される。

(webCG 依田)


新しいMINIに、オープンモデルが登場!の画像

新しいMINIに、オープンモデルが登場!の画像

新しいMINIに、オープンモデルが登場!の画像
エクステリアのデザインは、基本的にハッチバック版やクラブマンのそれを受け継ぐものだが、フロアパネル、Aピラー、サイドシルなどは新設計。車重は先代比で10kg軽くなっている。
エクステリアのデザインは、基本的にハッチバック版やクラブマンのそれを受け継ぐものだが、フロアパネル、Aピラー、サイドシルなどは新設計。車重は先代比で10kg軽くなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る