【スペック】全長×全幅×全高=4820×1945×1400mm/ホイールベース=2745mm/車重=2530kg/駆動方式=4WD/4リッターV8DOHC32バルブターボ(507ps/6000rpm、67.3kgm/1700rpm)/燃費=10.9リッター/100km(EUドライブサイクル・混合)/価格=2380万円(テスト車=2592万7880円)

ベントレー・コンチネンタルGTC V8(4WD/8AT)【試乗記】

モダンジェントルマンの馬車 2012.11.28 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGTC V8(4WD/8AT)
……2592万7880円

超高級グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGTC」のV8モデルが日本に上陸。晩秋の八ヶ岳で、その走りを試した。

性能を保って燃費を削る

ベントレーのようなイギリスの超高級ブランド車に試乗すると、ダンディズムとかジェントルマンシップとか、『007』ジェームズ・ボンドとかを思わないではいられない。男の胆力、女性でしたら人間力というものが問われるような気がしてしまう。じいさんの代から乗っていた、というような自家製の物語のある方は別にして。

「コンチネンタルGTC V8」は、575ps、6リッターの12気筒モデル「コンチネンタルGTC」、2640万円に対して、4気筒と2リッターと68ps少ない分、およそ10%、260万円こころやすいモデルである。12気筒との差額で「MINIクーパー」がほぼ(1万円値切るだけで)買える。邦貨2380万円。

これが安いのか高いのか、1%のお金持ちの世界は99%の小市民の想像力を軽々と超える。こういうことをウダウダ書く人がいるから、日本は世界第2位の富裕層数を誇るにもかかわらず、お金持ちほどひっそりと白い「トヨタ・マークII」に乗っていたりするのかもしれない。すびませんねぇ。

ベントレーによると、コンチネンタル・シリーズの8気筒は、12気筒の単なるディフュージョンにあらず。ほぼ同等の性能を維持しつつ、燃費が40%も優れている、環境フレンドリー大使なのだ。たとえば、ベッカムがGTCの12気筒から8気筒に乗り換えたりすると、「彼も環境のことを考えているんだな」と思われたりするわけである。

仮にMINI 3台分の燃料消費量が2台分になり 、お値段が10台分から9台分になった。燃費の比喩ですが、より正確には、欧州の複合燃費で、リッター6.7kmから9.2kmに改善された。素晴らしい話ではないか。
もっとも、既存の12気筒オーナーは今のところ12気筒のゴージャスな魅力にあらがえないらしい。過ぎたるは足らざるに勝る、そこは安土桃山時代なのである。

ブリーズ/インペリアルブルーのツートンカラーで彩られたレザーシート。
ブリーズ/インペリアルブルーのツートンカラーで彩られたレザーシート。
アウディと共同開発した4リッターV8ツインターボエンジン。可変シリンダーシステムを採用し、低速時や巡航時には8つのシリンダーのうち4つを停止させる。
アウディと共同開発した4リッターV8ツインターボエンジン。可変シリンダーシステムを採用し、低速時や巡航時には8つのシリンダーのうち4つを停止させる。
幌(ほろ)の開閉に要する時間は25秒。
(写真をクリックするとルーフを開く様子が見られます)
幌(ほろ)の開閉に要する時間は25秒。
    (写真をクリックするとルーフを開く様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る