第69回:緊急警告 エビちゃんばかりに頼るな! このままだと日本は「イギリス」になる

2008.11.29 エッセイ

第69回:緊急警告 エビちゃんばかりに頼るな! このままだと日本は「イギリス」になる

OEM続々発売

イタリアに戻り、1カ月間の東京出張を振り返っている。滞在中、新型車の記者発表会がいくつもあった。傾向としては、小型ビデオカメラを持ったウェブ媒体とおぼしき記者が増えた。同時に、会場入口でお姉さんが胸ポケットに差してくれる赤い造花(プラスチックの茎が、ルーペ付き定規になっていたものだ)は、もはや絶滅したと判定した。

そんなくだらん話はともかく、驚いたのは、OEMの新型が2車種も発表されたことだ。ひとつは「三菱パジェロミニ」のOEM版となる「日産KIX(キックス)」。もう1台はエビちゃんこと人気モデルの蛯原友里嬢がイメージキャラクターを務める「スバルDEX(デックス)」。こちらは「トヨタbB」の兄弟車にあたる「ダイハツ・クー」のOEM版だ。

OEMなりに、限られたコストでのアイデンティティの差別化など、開発・企画双方での苦心は窺える。だが、背後にすでに発表されたクルマがあることは、まぎれもない事実だ。ベースとなったパジェロ・ミニは1998年、bB/クーは2005年のデビューである。

キックスの会場では会見後も、戸井田和彦常務執行役員を囲んでの質疑応答が続けられたが、集まった多くは経済・新聞系メディアの記者だった。質問もクルマ本体に関するものではなく、もっぱら今日の金融危機に関連する国内市場の話題がメインになっていた。
唯一個人的に興味深かったのは、ある記者から飛び出した「OEMによる日産の軽は、これで5車種目。いっそのこと自前で造ってしまえば?」との問いだった。
それに対して戸井田常務は「スズキ、ダイハツといったメーカーには、軽に対する築きあげたパワーがある」とし、
私は開発の担当ではないとの立場をことわったうえで「実際、軽メーカーのようにできるのか、という冷静な判断が(開発部門には)あるのではないか」と慎重な答えを示した。

日産の軽勢ぞろい。KIX(キックス)発表会で。
日産の軽勢ぞろい。KIX(キックス)発表会で。
エビちゃんと「スバルDEX」。
エビちゃんと「スバルDEX」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。