第40回:007誕生から50年、でもボンドカーは「DB5」!
『007 スカイフォール』

2012.11.27 エッセイ

第40回:007誕生から50年、でもボンドカーは「DB5」!『007 スカイフォール』

『ゴールドフィンガー』と同じナンバー

『007』に「アストン・マーティンDB5」が帰ってきた! ナンバーは、もちろん「BMT216A」である。『ゴールドフィンガー』『サンダーボール作戦』で使われたボンドカーと同じクルマなのだ。初代のショーン・コネリーから6代目のダニエル・クレイグへと演じる俳優は代わったが、ボンドは50年間ずっとボンドであり続けている。

そう、最新作の『スカイフォール』は、第23作にして50周年記念作品である。米ソが厳しく対立し、大英帝国が今よりはるかに存在感を持っていた時代に、このシリーズは始まったのだ。日本はまだまだ貧しく、華麗なスパイの活躍がまぶしかったはずだ。男たちはみんなボンドガールのセクシーな魅力にやられてしまっただろう。それと同じくらい、誰もがボンドカーに憧れを持った。

「ロータス・エスプリ」「BMW Z8」など、007シリーズにはさまざまなクルマが登場している。しかし、ボンドカーといえば、やはりアストン・マーティンだ。中でも、極めつけがDB5である。「ヴァンキッシュ」などほかのモデルも使われているが、ボンドカーはDB5にとどめを刺す。

英国諜報部(ちょうほうぶ)MI6の秘密兵器開発主任である「Q」によって仕立てられた007用のクルマが、ボンドカーだ。窓ガラスは防弾仕様だし、武器も装備されている。『ゴールドフィンガー』のDB5は、マシンガンや煙幕装置、助手席のイジェクト機構などで強化されていた。『私を愛したスパイ』のロータス・エスプリに至っては、潜水艇にトランスフォームして海に潜ってしまったのだ。

skyfall(C)2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
skyfall(C)2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
 
第40回:007誕生から50年、でもボンドカーは「DB5」! - 『007 スカイフォール』の画像
 
第40回:007誕生から50年、でもボンドカーは「DB5」! - 『007 スカイフォール』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。