【スペック】カレラ4Sカブリオレ:全長×全幅×全高=4435×1852×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(385ps/6500rpm、42.8kgm/4400rpm)/価格=1735万円(テスト車=1843万円)

ポルシェ911カレラ(RR/7AT)/カレラ4S(4WD/7AT)/カレラ4Sカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】

マニュアル派も宗旨変えする!? 2008.11.28 試乗記 ポルシェ911カレラ(RR/7AT)/カレラ4S(4WD/7AT)/カレラ4Sカブリオレ(4WD/7AT)
……1846万円

直噴化した新エンジンと7段セミオートマチックの採用で性能が向上した新しい「911シリーズ」。最新カレラに試乗し、新機構PDK&エンジンの仕上がりを試す。

“ゼロキュウ”の911

2009年は、ポルシェ大変革の年である。ご存じのとおり、「911」は主要モデルのパワートレインが一新され、「ボクスター」と「ケイマン」にもその技術が注ぎ込まれる。一方、2007年モデルでフェイスリフトが行われた「カイエン」には、なんとディーゼルエンジン搭載モデルが追加される予定。さらにニューモデル「パナメーラ」のデビューが控えているわけだから、われわれとしてもポルシェから目が離せない。

そんなニューモデルづくしのポルシェから、日本上陸の先陣を切ったのが2009年モデルの911である。タイプ997の911がデビューから4年の時を経てマイナーチェンジし、第2世代のタイプ997として生まれ変わったのがこの“ゼロキュウ”の911(ターボ系を除く)なのだ。

変更のポイントをざっと確認しよう。エクステリアは、一見フェイスリフト前と変わらぬ印象だが、細かい部分がいろいろと違う。
たとえばフロントマスクでは、左右のエアインテークがシャープで大きな形状になるとともに、従来、エアインテーク上部にあったフォグランプが廃止され、ウインカー、LEDポジションランプ、ウェルカムホームライトがスリムに収まっている。全車、ヘッドライトはバイキセノンタイプになり、オプションのダイナミックコーナリングライトを選ぶと、円形のヘッドライト内にふたつの“眼”が配置されるのも新しい。

一方のリアエンドは、テールライトがよりダイナミックなデザインに変更されるとともに、LEDの輝きが美しい“ジュエリーライト”を採用する。4WDモデルではふたつのテールライトがレッドのストリップで結ばれて、ワイドなリアフェンダーとともに、その存在をアピールする。

カレラ4Sカブリオレの内装。マイナーチェンジで、クラリオン製ナビゲーションシステムが「911シリーズ」全車に標準装備となった。
カレラ4Sカブリオレの内装。マイナーチェンジで、クラリオン製ナビゲーションシステムが「911シリーズ」全車に標準装備となった。

ポルシェ911カレラ(RR/7AT)/カレラ4S(4WD/7AT)/カレラ4Sカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】の画像
【カレラ4Sカブリオレのオプション装備】
ブラック&サンドベージュバイカラーインテリア=60万8000円/シートヒーター=7万4000円/エレクトリックコントロールシート=26万7000円/ステアリングホイールヒーター=3万7000円/19インチ“スポーツデザイン”ホイール=6万4000円/カラークレストホイールセンターキャップ=3万円)
【カレラ4Sカブリオレのオプション装備】
ブラック&サンドベージュバイカラーインテリア=60万8000円/シートヒーター=7万4000円/エレクトリックコントロールシート=26万7000円/ステアリングホイールヒーター=3万7000円/19インチ“スポーツデザイン”ホイール=6万4000円/カラークレストホイールセンターキャップ=3万円)
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ポルシェ718ケイマン/718ケイマンS【海外試乗記】 2016.8.19 試乗記 エンジンをフラット6からフラット4ターボに積み替え、車名も新たに再スタートを切った「ポルシェ718ケイマン」。“似て非なる最新型”は、やはり最善なのだろうか。スウェーデン南部のマルメで試乗した。
  • ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】 2015.1.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る