スペシャル「エクストレイル」、2台揃ってデビュー

2008.11.27 自動車ニュース
エクストレイル「アクシス パフォーマンススペック」
スペシャル「エクストレイル」、2台揃ってデビュー

スペシャル「エクストレイル」、2台揃ってデビュー

オーテックジャパンは2008年11月26日、日産エクストレイル「アクシス」に新グレードを追加するとともに、新しいカスタマイズモデルを設定し、発売した。

エクストレイル「ドライビングギア」
スペシャル「エクストレイル」、2台揃ってデビュー

新グレードは、既存の「アクシス」をベースにタワーバーなどでボディ剛性を向上させ、専用のタイヤ、サスペンション、フジツボ技研製スポーツマフラーなどを与えた「アクシス パフォーマンススペック」だ。
価格はアクシスより16万8000円アップして、296万1000円〜311万8500円。

もう1台は、「エクストレイル20S」に手を加えた「ドライビングギア」。ルーフスポイラーやサイドガードモール、18インチアルミホイールなどでエクステリアをドレスアップ。インテリアも、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブや専用ブラック内装などを採用し、スポーティに仕立て上げたという。
こちらの価格は、ベースモデルより21万円高い、243万7050円となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース 日産がミドルサイズSUV「エクストレイル」をマイナーチェンジ。自動操舵技術を用いた運転支援システム「プロパイロット」を新採用するなど、装備を大幅に強化した。フロントマスクを変更するなど、デザインにも手が加えられている。
ホームへ戻る