第378回:もしやガイシャ界に“軽価格”を持ち込んでしまった?
実質80万円安!? の「スズキ・スプラッシュ」試乗

2008.11.27 エッセイ

第378回:もしやガイシャ界に“軽価格”を持ち込んでしまった?実質80万円安!? の「スズキ・スプラッシュ」試乗

豪華さはないが……

つくづく日本車ってお買い得だなぁと実感するクルマに出会ってしまいました。そう、スズキ・スプラッシュ! ご存じ、急遽日本に入ってくることになった4輪スズキ初の逆輸入車で、ハンガリーの子会社、マジャールスズキで作られる5ドアコンパクトカーなんだけど、これがよくできてるのできてないのって、素晴らしいのよ。

ハッキリ言って日本人ウケする豪華さはない。外観にメッキパーツが使われてるわけでもなく、タイヤホイールも15インチとフツー。1590mmのちょっと高い車高は、日本じゃ立体駐車場対策から敬遠する人もいるかもしれない。

が、途中までヨーロッパ専売として考えられ、向こうじゃグリルやランプ類をちょっと変えて「オペル・アギーラ」としても売られるだけに、そのヨーロピアンテイスト溢れるシンプルデザイン&骨太な走りは欧州車そのもの。チーフデザイナーは日本人だそうだけど、とてもそうとは思えない。

まずエクステリア。ノッペリとしたフィアットっぽいフロントも悪くないけど、白眉はリアだよね。ベースとなったスイフトに比べ長さを40mm切り詰め、全長は3700mmちょいと短く、そのぶんリアがバッサリナイフで切り取られたかのように切り立ってる。これが大胆なブーメラン型のテールランプと合わさってなんともスポーティ。

インテリアもシンプル至極。メーターは丸形のスピード計のみで、センターパネルもさらっとしてる。上からエアコン吹き出し口、オーディオ、エアコンスイッチ、インパネシフトと余計なものが一切ない。ナビはディーラーオプションとなり、さしあたって付いていないが、ヨーロッパじゃ吸盤で後付けする小型タイプが常識だし、日本でも出まわり始めてるから全く問題はない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』