【スペック】全長×全幅×全高=4530×1840×1685mm/ホイールベース=2755mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpm)/価格=675万円(テスト車=725万3000円/スポーツインテリアパッケージ=24万円/パノラミックスライディングルーフ=21万円/盗難防止警報システム=5万3000円)

メルセデス・ベンツGLK300 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】

セダンのような優等生 2008.11.26 試乗記 メルセデス・ベンツGLK300 4MATIC(4WD/7AT)
……725万3000円


自動車のダウンサイジング化の流れがSUVにも波及した―― このたびメルセデス初のミドルクラスSUV「GLKクラス」が日本に上陸。その第一印象をお伝えする。

いかついけれど、コンパクト

このところ高級ビッグSUVが大流行したが、ふと我に返ってみると、「ちょっと邪魔だなあ」とも思う。威圧感ありすぎだし。そんな風に考えると、もう少し手頃でカジュアル感もあるSUVがこれからのトレンドになっていく気がする。

そんなミドル級SUVのジャンルに名乗りをあげたのが、新しい「メルセデス・ベンツGLK」。立派な存在感を誇るGLクラスのイメージをそのままに、全長4.5m級にまとめた新作で、名前の末尾にある“K”はドイツ語のkurz(英:short)の頭文字、つまり短いGLクラスという意味だ。

少しコンパクトとはいえ、いかついルックスは一人前以上。巨大な岩石から一気に削り出したような逞しさが印象的だ。でも実際に乗ってみると、とても優しいのがGLK。少しタフな乗用車といったところだ。これなら家族の一員として、普段の暮らしにも便利に使えるだろう。

それもそのはず、このボディサイズからもわかるように、基本となるプラットフォームには、セダン系のコンパクト路線を受け持つ「Cクラス」と共通の部分が多い。優秀なプラットフォームが一つあれば、セダンやワゴンだけでなくミニバンからSUVまで作れてしまうのが今のクルマ界の常識で、GLKもそれが背景になっている。だから大きな「GLクラス」や「Rクラス」などとは違ってアメリカ工場ではなく、こちらの製造はドイツのブレーメン工場が受け持っている。

Cクラスセダンと比べると、55mm短く、70mmワイド。背たけは240mm高い。
Cクラスセダンと比べると、55mm短く、70mmワイド。背たけは240mm高い。
日本導入グレードは、「GLK300 4MATIC」のみ。メモリー付き電動フルパワーシート、パーキングアシストリアビューカメラ、COMANDシステム(HDDナビ付き)、サイドビューカメラ、パークトロニックなどが標準で備わる。
日本導入グレードは、「GLK300 4MATIC」のみ。メモリー付き電動フルパワーシート、パーキングアシストリアビューカメラ、COMANDシステム(HDDナビ付き)、サイドビューカメラ、パークトロニックなどが標準で備わる。
参考までにGLクラスとサイズを比較してみると、570mm短く、115mm狭く、155mm低い。既存のSUVモデルと比べるとだいぶ小さめといえる。
参考までにGLクラスとサイズを比較してみると、570mm短く、115mm狭く、155mm低い。既存のSUVモデルと比べるとだいぶ小さめといえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.8.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2014.6.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLAに装備充実の特別限定車 2016.1.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年1月20日、クロスオーバーモデル「メルセデス・ベンツGLA」の特別仕様車「GLA180スポーツ White&Black Edition」を発表。220台限定で、同日、販売を開始した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る