【スペック】レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight tS:全長×全幅×全高=4800×1780×1520mm/ホイールベース=2750mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(173ps/5600rpm、24.0kgm/4100rpm)/価格=368万5500円(テスト車=422万1000円/LEGACYマッキントッシュ・サウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=50万4000円/ボディーカラー<サテンホワイトパール>3万1500円)

スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight tS/レガシィB4 2.5i EyeSight tS【試乗記】

本当の「調律(チューン)」 2012.12.02 試乗記 スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight tS(4WD/CVT)/レガシィB4 2.5i EyeSight tS(4WD/CVT)
……422万1000円/403万2000円

スバルテクニカインターナショナルがチューニングを施したコンプリートカー「レガシィツーリングワゴン/B4 2.5i EyeSight tS」の魅力を味わった。

丁寧に磨き上げた一品

富士重工の特殊部隊「STI(スバルテクニカインターナショナル)」が放つ特別なコンプリートカーの最新作は、「レガシィ」の「tS」。
最近は「フォレスター」や「エクシーガ」にもtSがあるが、この記号の始祖はレガシィで、今回はその第二弾。最初に総括すると「成熟を極めたレガシィ」。じっくり醸されたレガシィ風味の良いところを、これ以上ないほど丁寧に磨き上げた一品と言うしかない。“Confidence in Motion”の旗印は本当で、誰でもステアリングを握った途端、まるで運転がうまくなったように思えてしまう。

例によってボディータイプはツーリングワゴン(368万5500円)とB4セダン(352万8000円)の2種類で、それぞれのベース車(2.5i EyeSight Sパッケージ)より70万円近くも高価だが、クルマや運転の本質を見抜く眼力の持ち主なら納得するはず。酸いも甘いもかみ分けた大人向きだ。

基本構成はチューニングの基本通り。サスペンションは10mmローダウンされ、フロントスタビライザーが少し細くなっている。ダンパーの銘柄はベース車と同じビルシュタインだが、スペックはSTI専用。このサスペンションを十分に生かすため、フロント(ストラット上部)とリア(左右ロワーアーム間)にフレキシブルバーを追加、フロント下部にも補強メンバーが組み込まれている。
「そういう部品を取り付けただけでは80%。あと20%がSTIならではの『隠し味』なんです」(渋谷真・実験部長)。

搭載されるエンジンは2.5リッター水平対向4気筒の自然吸気タイプで、最高出力は173ps、最大トルクは24.0kgmを発生。STI製フレキシブルタワーバーとエンジンカバーが「tS」の専用装備。
搭載されるエンジンは2.5リッター水平対向4気筒の自然吸気タイプで、最高出力は173ps、最大トルクは24.0kgmを発生。STI製フレキシブルタワーバーとエンジンカバーが「tS」の専用装備。
STI製18インチアルミホイールと225/45R18のタイヤ(ブリヂストン・ポテンザRE050A)が装着される。
STI製18インチアルミホイールと225/45R18のタイヤ(ブリヂストン・ポテンザRE050A)が装着される。
フロントアンダースポイラーと「tS」のオーナメントがノーマル車との違い。
フロントアンダースポイラーと「tS」のオーナメントがノーマル車との違い。
運転席に乗り込むと、メーターパネルに「STIパフォーマンス」のアニメーションが表示される。(写真をクリックするとアニメーションが見られます)
運転席に乗り込むと、メーターパネルに「STIパフォーマンス」のアニメーションが表示される。(写真をクリックするとアニメーションが見られます)
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る