これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁

2008.11.25 自動車ニュース

これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁

独ポルシェAGは2008年11月24日、開発中の4ドア4シーターモデル「パナメーラ」の写真を初公開した。

「パナメーラ」は、スポーツカーの「911」「ボクスター/ケイマン」、SUVの「カイエン」につづく、ポルシェのニューモデル。発売を9カ月後にひかえ、このたび市販バージョンの写真が公開された。

同社が「全く新しく個性的でありながら、同時に典型的なポルシェ」と評するボディの寸法は、全長×全幅×全高=4970×1931×1418mm。
低く、幅広いスタイリングは、911で数十年間つちかってきた、ポルシェのデザインフィロソフィーに基づくものだという。

4つの座席を収める室内のデザインも、スポーティさがポイント。いずれのシートでもパイロットのようなフィーリングを堪能できるという。後席のバックレストは可倒式で、ラゲッジルームをアレンジする余地もある。

フロントに収まる直噴の新型エンジンは数種類が用意され、それぞれ300ps〜500psの最高出力を発生。コンベンショナルな6段MTか、7段の2ペダルMT「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)が組み合わされる。駆動方式は、FRもしくは4WDとなる。

今後、ツッフェンハウゼンのポルシェ本社工場でエンジンを、ハノーバーにあるフォルクスワーゲンの工場でボディシェルを製造。最終的な組み立ては、ライプツィヒ工場で行う。
パナメーラの年間目標販売台数は、約2万台。2009年春にジュネーブショーでデビューののち、夏の終わりには世界各地で販売が開始される予定だ。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ」
「ポルシェ・パナメーラ」

これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁の画像
他社のライバルとサイズを比較するなら?
たとえば「マセラティ・クアトロポルテS」より12cmほど短く、3cmほど幅広い。
他社のライバルとサイズを比較するなら?
たとえば「マセラティ・クアトロポルテS」より12cmほど短く、3cmほど幅広い。
パナメーラには、ターボ付きのハイパワーモデルだけでなく、ハイブリッドモデルの投入も予定される。
パナメーラには、ターボ付きのハイパワーモデルだけでなく、ハイブリッドモデルの投入も予定される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る