これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁

2008.11.25 自動車ニュース

これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁

独ポルシェAGは2008年11月24日、開発中の4ドア4シーターモデル「パナメーラ」の写真を初公開した。

「パナメーラ」は、スポーツカーの「911」「ボクスター/ケイマン」、SUVの「カイエン」につづく、ポルシェのニューモデル。発売を9カ月後にひかえ、このたび市販バージョンの写真が公開された。

同社が「全く新しく個性的でありながら、同時に典型的なポルシェ」と評するボディの寸法は、全長×全幅×全高=4970×1931×1418mm。
低く、幅広いスタイリングは、911で数十年間つちかってきた、ポルシェのデザインフィロソフィーに基づくものだという。

4つの座席を収める室内のデザインも、スポーティさがポイント。いずれのシートでもパイロットのようなフィーリングを堪能できるという。後席のバックレストは可倒式で、ラゲッジルームをアレンジする余地もある。

フロントに収まる直噴の新型エンジンは数種類が用意され、それぞれ300ps〜500psの最高出力を発生。コンベンショナルな6段MTか、7段の2ペダルMT「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)が組み合わされる。駆動方式は、FRもしくは4WDとなる。

今後、ツッフェンハウゼンのポルシェ本社工場でエンジンを、ハノーバーにあるフォルクスワーゲンの工場でボディシェルを製造。最終的な組み立ては、ライプツィヒ工場で行う。
パナメーラの年間目標販売台数は、約2万台。2009年春にジュネーブショーでデビューののち、夏の終わりには世界各地で販売が開始される予定だ。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ」
「ポルシェ・パナメーラ」

これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁の画像
他社のライバルとサイズを比較するなら?
たとえば「マセラティ・クアトロポルテS」より12cmほど短く、3cmほど幅広い。
他社のライバルとサイズを比較するなら?
たとえば「マセラティ・クアトロポルテS」より12cmほど短く、3cmほど幅広い。
パナメーラには、ターボ付きのハイパワーモデルだけでなく、ハイブリッドモデルの投入も予定される。
パナメーラには、ターボ付きのハイパワーモデルだけでなく、ハイブリッドモデルの投入も予定される。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る