これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁

2008.11.25 自動車ニュース

これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁

独ポルシェAGは2008年11月24日、開発中の4ドア4シーターモデル「パナメーラ」の写真を初公開した。

「パナメーラ」は、スポーツカーの「911」「ボクスター/ケイマン」、SUVの「カイエン」につづく、ポルシェのニューモデル。発売を9カ月後にひかえ、このたび市販バージョンの写真が公開された。

同社が「全く新しく個性的でありながら、同時に典型的なポルシェ」と評するボディの寸法は、全長×全幅×全高=4970×1931×1418mm。
低く、幅広いスタイリングは、911で数十年間つちかってきた、ポルシェのデザインフィロソフィーに基づくものだという。

4つの座席を収める室内のデザインも、スポーティさがポイント。いずれのシートでもパイロットのようなフィーリングを堪能できるという。後席のバックレストは可倒式で、ラゲッジルームをアレンジする余地もある。

フロントに収まる直噴の新型エンジンは数種類が用意され、それぞれ300ps〜500psの最高出力を発生。コンベンショナルな6段MTか、7段の2ペダルMT「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)が組み合わされる。駆動方式は、FRもしくは4WDとなる。

今後、ツッフェンハウゼンのポルシェ本社工場でエンジンを、ハノーバーにあるフォルクスワーゲンの工場でボディシェルを製造。最終的な組み立ては、ライプツィヒ工場で行う。
パナメーラの年間目標販売台数は、約2万台。2009年春にジュネーブショーでデビューののち、夏の終わりには世界各地で販売が開始される予定だ。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ」
「ポルシェ・パナメーラ」 拡大

これが「ポルシェ・パナメーラ」! オフィシャルフォトようやく解禁の画像 拡大
他社のライバルとサイズを比較するなら?
たとえば「マセラティ・クアトロポルテS」より12cmほど短く、3cmほど幅広い。
他社のライバルとサイズを比較するなら?
たとえば「マセラティ・クアトロポルテS」より12cmほど短く、3cmほど幅広い。 拡大
パナメーラには、ターボ付きのハイパワーモデルだけでなく、ハイブリッドモデルの投入も予定される。
パナメーラには、ターボ付きのハイパワーモデルだけでなく、ハイブリッドモデルの投入も予定される。 拡大

関連キーワード:
パナメーラポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る