第377回:カー・オブ・ザ・イヤー打ち明け話
不思議、「日産GT-R」自滅の法則!

2008.11.21 エッセイ

第377回:カー・オブ・ザ・イヤー打ち明け話不思議、「日産GT-R」自滅の法則!


第377回:カー・オブ・ザ・イヤー打ち明け話不思議、「日産GT-R」自滅の法則!

スポーツカーの金字塔だったが……

いやー、つくづく難しいのねと思いました。そ、ついに決まったニッポン自動車マスコミ界最大の祭りであり、マツリゴト(政治)でもある日本カー・オブ・ザ・イヤー! 俺も末席に加えさせていただいてるわけだけど、今回の内情をサラリとお伝えしよう。

今回の面白さはズバリGT-Rの自滅! にある。というのもそれはある種、構造的な問題でもあったのだ。

大前提として、今回の新型GT-Rは“日本が世界に誇るべきクルマである”ということがある。それはまず1964年の第2回日本グランプリで「プリンス・スカイラインGT」がポルシェを抜いた瞬間に始まった超スポーツカーブランド「スカイライン」の中でも最上級となる位置づけを引き継ぐクルマであるということ。つまり俺に言わせると“長嶋茂雄”にも匹敵する偉大な存在でもある。

さらに今回の6代目GT-Rが実際、ものすごくよくできていたことも大切な要素だ。
それはご存じ、世界初のトランスアクスル方式のフルタイム4WDシステムであったり、480psの日本最大パワーのエンジンであったり、ツインクラッチシステムによる最新トランスミッションだったり、なによりも走りがズバ抜けてすごかったので世界的にも話題になったこと。
なにしろニュルブルクリンクサーキットにおけるラップタイムのあまりの速さに、あのポルシェが「それ、おかしいんじゃない?」とイチャモンを付けたほどなのだ。

これはまさしく日本車始まって以来の快挙であり、未だ世界のメジャーレースで勝ってないのがタマにキズだが、ある意味、メジャーリーグの野茂、サッカーの中田英寿に匹敵する存在感ではある。
これだけクルマ離れが問題視されている昨今、2007年の東京モーターショーにおいて一般人を巻き込むほどの話題になったこともあり、俺たち自動車ライターの間では、当初からGT-Rは間違いなくイヤーカー第一候補であると同時に、テクノロジー、ファン、ベストバリューの3賞をも同時獲得する可能性があると目されていた。
ハッキリ言って日本のスポーツカーの最新金字塔であったわけですよ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』