3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売

2008.11.21 自動車ニュース

3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売

本田技研工業は、欧州版「シビック・タイプR」を来春から日本で台数限定販売すると、2008年11月20日に発表した。

既に国内で販売されているシビック・タイプRが4ドアセダンである一方、欧州版は3ドアハッチバックボディ。フロントからリアまでセダン版とは全く異なるフォルムをまとう。生産は、英国のHonda of the U.K. Manufacturing Ltd.(ホンダ・オブ・ザ・ユーケー・マニュファクチュアリング社)。欧州では2007年3月から販売されている。

現段階で、日本仕様のスペックや価格、限定台数などは発表されていない。ちなみに欧州仕様は、201psと19.7kgmを発生する2リッター直4DOHC16バルブ i-VTECエンジンに6段MTを組み合わせ、全長×全幅×全高=4275×1785×1445mm、重量1267kgのボディを引っ張る。

「春まで待ちきれない!」そんな欧州版タイプRファンは今度の3連休最終日、もてぎを訪れることをお勧めしたい。2008年11月24日(月・祝)、栃木県ツインリンクもてぎで開催されるファン感謝イベント「Enjoy Honda<Honda Racing THANKS DAY>」において、F1ドライバーのジェンソン・バトン選手による欧州版タイプR(欧州仕様車)のデモンストレーション走行を見ることができる。

(webCG 依田)

(写真はいずれも欧州仕様車)
(写真はいずれも欧州仕様車) 拡大

3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売の画像 拡大

3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売の画像 拡大

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る