3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売

2008.11.21 自動車ニュース

3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売

本田技研工業は、欧州版「シビック・タイプR」を来春から日本で台数限定販売すると、2008年11月20日に発表した。

既に国内で販売されているシビック・タイプRが4ドアセダンである一方、欧州版は3ドアハッチバックボディ。フロントからリアまでセダン版とは全く異なるフォルムをまとう。生産は、英国のHonda of the U.K. Manufacturing Ltd.(ホンダ・オブ・ザ・ユーケー・マニュファクチュアリング社)。欧州では2007年3月から販売されている。

現段階で、日本仕様のスペックや価格、限定台数などは発表されていない。ちなみに欧州仕様は、201psと19.7kgmを発生する2リッター直4DOHC16バルブ i-VTECエンジンに6段MTを組み合わせ、全長×全幅×全高=4275×1785×1445mm、重量1267kgのボディを引っ張る。

「春まで待ちきれない!」そんな欧州版タイプRファンは今度の3連休最終日、もてぎを訪れることをお勧めしたい。2008年11月24日(月・祝)、栃木県ツインリンクもてぎで開催されるファン感謝イベント「Enjoy Honda<Honda Racing THANKS DAY>」において、F1ドライバーのジェンソン・バトン選手による欧州版タイプR(欧州仕様車)のデモンストレーション走行を見ることができる。

(webCG 依田)

(写真はいずれも欧州仕様車)
(写真はいずれも欧州仕様車)

3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売の画像

3ドア版「ホンダ・シビック・タイプR」日本で来春発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • 「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定 2017.6.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジを施した「トヨタ・ハリアー」を発表。新たに2リッター直4ターボエンジン搭載車をラインナップし、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る