日産が新型「Z」を初公開【LAショー08】

2008.11.21 自動車ニュース

【LAショー08】日産が新型「Z」を初公開

日産自動車は、新型「370Z」(日本名:「フェアレディZ」)を、2008年11月19日に開幕したロサンゼルスショーで公開した。

■キープコンセプトのデザイン しかし全長はショートに

2002年に見事復活した「フェアレディZ」がフルモデルチェンジを実施、日本でも2008年12月のデビューが予定されている。それにさきがけ、ロサンゼルスショーにて「370Z」(日本名:フェアレディZ)が公開された。

デザインは、これまでのモデルのイメージを受け継ぎながら、リアクォーターウィンドウあたりなどは初代「Z」を強く意識したデザインに変更。Zらしさをさらに強めているのが特徴だ。

同時に、今回力を入れたのが小型軽量化。第2世代のFMプラットフォームをベースとし、先代に比べてホイールベースを100mm短縮。全長、全高もそれぞれ33mm、8mmコンパクトになっている。さらに、ボンネット、ドア、テールゲートにアルミを用い軽量化を図った。
一方、その構造を見直すことでボディの捻れ剛性は30%アップ。加えて、フロント:ダブルウィッシュボーン、リア:マルチリンクのサスペンションも軽量・高剛性化を果たすなどして、シャシー性能の向上を目指している。

エンジンは、すでに「スカイラインクーペ」でおなじみの3.7リッターV6のVQ37VHRを搭載。可変バルブタイミング&リフト機構により幅広い回転域で力強いトルクを発揮。レブリミット7500rpmまでストレスなく吹け上がるスポーティさが特徴だ。
注目は、これに組み合わされるギアボックス。6段マニュアルには、ダウンシフトの際に適切な回転数まで自動的にブリッピングを行う“シンクロレブマッチ”機構を搭載し、初心者でも素早いシフト操作を可能にする。また、7段オートマチックでもダウンシフト時のブリッピング機構や、トルクコンバーターの制御の改善などにより、マニュアルモードで最速0.5秒のシフト操作を実現するという。

このように、その見た目とは違い、中身が一新された新型フェアレディZ。米国では2009年1月に「370Z」が、そして、2010年には「370Zロードスター」が発売の予定である。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る