「レクサスRX」デビュー 日本上陸は2009年1月【LAショー08】

2008.11.21 自動車ニュース
「レクサスRX450h」
レクサスRXデビュー 日本上陸は2009年1月【LAショー】

【LAショー08】「レクサスRX」デビュー 日本上陸は2009年1月

トヨタ自動車は、日本で「ハリアー」の名で呼ばれる「レクサスRX」のフルモデルチェンジを実施。ロサンゼルスショーにてワールドプレミアを果たした。

■「RX350」と「RX450h」をラインアップ

都会的なイメージを前面に押し出し、プレミアムSUVのパイオニアとして人気を博してきた「トヨタ・ハリアー」こと「レクサスRX」がフルチェンジを実施し、ロサンゼルスショーにその姿を現わした。

新型「RX」は、これまで以上にレクサスらしいデザインを推し進めたのが特徴で、たとえばフロントマスクは「IS」や「LS」との関連が強く感じられ、グリルの“L”マークがなくても、ひと目でレクサスの一員であることがわかる。

ショー会場で公開されているのは、3.5リッターV6を積む「RX350」と、ハイブリッドシステムを搭載する「RX450h」の2タイプ。全長4770×全幅1885×全高1690mmのサイズは共通だが、ハイブリッド仕様のRX450hには“レクサスハイブリッドブルー”のヘッドライト/テールライトなどが装着されるため、多少異なる雰囲気を放つ。

「レクサスRX350」
「レクサスRX350」

「レクサスRX」デビュー 日本上陸は2009年1月【LAショー08】の画像

■北米ではFFと4WDを用意

RX350は、最高出力275ps/6200rpm、最大トルク35.5kgm/4700rpmの2GR-FEエンジンを搭載。6ATが組み合わされ、北米市場ではふたつの駆動方式、すなわちFFとアクティブコントロールAWD(フルタイム4WD)が用意される。
一方、RX450hは、2GR-FEエンジンをベースに、圧縮比よりも膨張比を大きくすることで熱効率アップを図る“アトキンソンサイクル”の2GR-FXEエンジンにモーターを組み合わせることで、さらなる燃費向上を狙っている。RX350同様、北米向けのRX450hでもFFと4WDがラインナップされるが、こちらの4WDは後輪をモーターで駆動する“E-Four”になる。

パワートレイン以外の話題としては、白色有機ELを用いた“マルチインフォメーションディスプレイ”や、ナビ画面上の操作をセンターコンソール上で行える“リモートタッチ”など、新しいマンマシンインターフェースが興味深い。

気になる市場への投入時期だが、RX350が2009年1月から、RX450hが2009年春から、ともに日本市場を手始めとして、世界各地に展開する予定。どのモデルが日本に導入されるかは明らかにされてないが、新型RX、とくにハイブリッドのRX450hは、輸入モデルを中心に盛り上がりつつある日本のSUV市場のなかで、レクサスの存在感を発揮するのは間違いないだろう。

(文=生方聡)

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る