「レクサスRX」デビュー 日本上陸は2009年1月【LAショー08】

2008.11.21 自動車ニュース
「レクサスRX450h」
レクサスRXデビュー 日本上陸は2009年1月【LAショー】

【LAショー08】「レクサスRX」デビュー 日本上陸は2009年1月

トヨタ自動車は、日本で「ハリアー」の名で呼ばれる「レクサスRX」のフルモデルチェンジを実施。ロサンゼルスショーにてワールドプレミアを果たした。

■「RX350」と「RX450h」をラインアップ

都会的なイメージを前面に押し出し、プレミアムSUVのパイオニアとして人気を博してきた「トヨタ・ハリアー」こと「レクサスRX」がフルチェンジを実施し、ロサンゼルスショーにその姿を現わした。

新型「RX」は、これまで以上にレクサスらしいデザインを推し進めたのが特徴で、たとえばフロントマスクは「IS」や「LS」との関連が強く感じられ、グリルの“L”マークがなくても、ひと目でレクサスの一員であることがわかる。

ショー会場で公開されているのは、3.5リッターV6を積む「RX350」と、ハイブリッドシステムを搭載する「RX450h」の2タイプ。全長4770×全幅1885×全高1690mmのサイズは共通だが、ハイブリッド仕様のRX450hには“レクサスハイブリッドブルー”のヘッドライト/テールライトなどが装着されるため、多少異なる雰囲気を放つ。

「レクサスRX350」
「レクサスRX350」

「レクサスRX」デビュー 日本上陸は2009年1月【LAショー08】の画像

■北米ではFFと4WDを用意

RX350は、最高出力275ps/6200rpm、最大トルク35.5kgm/4700rpmの2GR-FEエンジンを搭載。6ATが組み合わされ、北米市場ではふたつの駆動方式、すなわちFFとアクティブコントロールAWD(フルタイム4WD)が用意される。
一方、RX450hは、2GR-FEエンジンをベースに、圧縮比よりも膨張比を大きくすることで熱効率アップを図る“アトキンソンサイクル”の2GR-FXEエンジンにモーターを組み合わせることで、さらなる燃費向上を狙っている。RX350同様、北米向けのRX450hでもFFと4WDがラインナップされるが、こちらの4WDは後輪をモーターで駆動する“E-Four”になる。

パワートレイン以外の話題としては、白色有機ELを用いた“マルチインフォメーションディスプレイ”や、ナビ画面上の操作をセンターコンソール上で行える“リモートタッチ”など、新しいマンマシンインターフェースが興味深い。

気になる市場への投入時期だが、RX350が2009年1月から、RX450hが2009年春から、ともに日本市場を手始めとして、世界各地に展開する予定。どのモデルが日本に導入されるかは明らかにされてないが、新型RX、とくにハイブリッドのRX450hは、輸入モデルを中心に盛り上がりつつある日本のSUV市場のなかで、レクサスの存在感を発揮するのは間違いないだろう。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る