【スペック】全長×全幅×全高=4460×1810×1690mm/ホイールベース=2605mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(170ps/4300-6000rpm、28.6kgm/1700-4200rpm)/価格=360.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン トラック&フィールド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ティグアン トラック&フィールド(4WD/6AT) 2008.11.21 試乗記 ……360.0万円
総合評価……★★★

フォルクスワーゲンの新しいコンパクトSUV「ティグアン」。「トラック&フィールド」という名前のとおり、オフロードの走破性はまずまずだが、オンロードではどうなのか?

フォルクスワーゲン・ティグアン トラック&フィールド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

クオリティの高いコンパクトSUV

「トゥアレグは魅力的だけど、あの値段やサイズには抵抗があるなぁ……」と、購入を躊躇していた人にはまさに朗報となる「ティグアン」の日本上陸。フォルクスワーゲンらしい高いクオリティや確かな性能、さらに、SUVならではの存在感や躍動感が、コンパクトSUVのニューフェースとして、これまでのフォルクスワーゲンオーナーだけでなく、他のインポートブランドや日本車からの乗り換えを促すのは確実だ。

ただ、日本に先行導入された「トラック&フィールド」は、ある程度のオフロードならそつなくこなす反面、オンロードの気持ちよさが不足しているように思えた。同じモデルでも年を重ねるごとに進化するフォルクスワーゲンだけに、今後の熟成に期待するとともに、遅れて導入予定のオンロード仕様を早く試してみたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 【東京オートサロン2017】ホンダ、オートサロンで新型「シビック」を公開 2017.1.15 自動車ニュース 本田技研工業は2017年1月13日、東京オートサロン2017で、2017年夏に日本での発売を予定している新型「シビック」シリーズの3モデルのプロトタイプモデルを日本で初めて公開した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る