「ポルシェ・ボクスター&ケイマン」、マイナーチェンジでパワーアップ

2008.11.21 自動車ニュース

「ポルシェ・ボクスター&ケイマン」、マイナーチェンジでパワーアップ

ポルシェ・ジャパンは、ミドシップスポーツ「ボクスター」と「ケイマン」をマイナーチェンジ。2008年11月19日に開幕したロサンゼルスモーターショーでお披露目した。

■新エンジン+新トランスミッション

新型の最大の特徴は、新エンジンとデュアルクラッチ式の新設計トランスミッションが採用されたこと。第二世代のミドシップスポーツは2.9リッターと3.4リッター、2種類のフラットシックスを搭載し、現行型911と同様の「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)と呼ばれるデュアルクラッチ式セミオートマチックトランスミッションを組み合わせる。コンベンショナルな6段MTも併せてラインナップする。

ベーシックモデルの「ボクスター」と「ケイマン」は、排気量が200cc拡大された2.9リッターエンジンを搭載する。出力は、ボクスターが従来の2.7リッター版を10ps上回る255ps、ケイマンは20ps増しの265ps。これまでボクスターとケイマンの出力は同じだったが、新型ではケイマンがボクスターよりハイパワーな設定とされた。

上級グレードの「ボクスターS」と「ケイマンS」は、3.4リッターの排気量こそ変わらないものの、ダイレクトフューエルインジェクションの採用によりパワーアップ。ボクスターSは310psに、ケイマンSは320psを発生する。
新しいトランスミッションと相まって、燃費も向上。出力を高めながらも、2.9リッターモデルで11%、3.4リッターモデルでは16%も燃料消費量を削減したという。

エクステリアは、フロントとリアのデザインを小変更。ボクスターシリーズとケイマンシリーズでエアインテークの形状を変えるなど、両車の見た目に差別化が図られた。

価格は、以下のとおり。日本では2008年12月6日に受注が開始される。

ボクスター (6MT):608.0万円
ボクスター (PDK):655.0万円
ボクスターS (6MT):752.0万円
ボクスターS (PDK):799.0万円
ケイマン   (6MT):661.0万円
ケイマン   (PDK):708.0万円
ケイマンS  (6MT):830.0万円
ケイマンS  (PDK):877.0万円

(webCG 曽宮)

「ポルシェ・ボクスターS」
「ポルシェ・ボクスターS」 拡大
「ポルシェ・ケイマンS」
「ポルシェ・ケイマンS」 拡大
フォグランプの形状も両車別々。ボクスターが四角、ケイマンは丸型に。
フォグランプの形状も両車別々。ボクスターが四角、ケイマンは丸型に。 拡大
新トランスミッション「PDK」は、6MTモデルに比べ0-100km/h加速を0.1秒短縮できる。オプションの「スポーツクロノパッケージ」を選べば、さらに0.2秒の短縮が可能だ。
新トランスミッション「PDK」は、6MTモデルに比べ0-100km/h加速を0.1秒短縮できる。オプションの「スポーツクロノパッケージ」を選べば、さらに0.2秒の短縮が可能だ。 拡大

関連キーワード:
ボクスターケイマンポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • スズキ・ジムニーXC/ジムニーシエラJC 2018.7.5 画像・写真 スズキが誇る本格オフロード4WD「ジムニー/ジムニーシエラ」が20年ぶりにフルモデルチェンジ。満を持して登場した新型の、いかにも“クロスカントリー車”といった武骨でスクエアなスタイリングを写真で紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
ホームへ戻る