「ポルシェ・ボクスター&ケイマン」、マイナーチェンジでパワーアップ

2008.11.21 自動車ニュース

「ポルシェ・ボクスター&ケイマン」、マイナーチェンジでパワーアップ

ポルシェ・ジャパンは、ミドシップスポーツ「ボクスター」と「ケイマン」をマイナーチェンジ。2008年11月19日に開幕したロサンゼルスモーターショーでお披露目した。

■新エンジン+新トランスミッション

新型の最大の特徴は、新エンジンとデュアルクラッチ式の新設計トランスミッションが採用されたこと。第二世代のミドシップスポーツは2.9リッターと3.4リッター、2種類のフラットシックスを搭載し、現行型911と同様の「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)と呼ばれるデュアルクラッチ式セミオートマチックトランスミッションを組み合わせる。コンベンショナルな6段MTも併せてラインナップする。

ベーシックモデルの「ボクスター」と「ケイマン」は、排気量が200cc拡大された2.9リッターエンジンを搭載する。出力は、ボクスターが従来の2.7リッター版を10ps上回る255ps、ケイマンは20ps増しの265ps。これまでボクスターとケイマンの出力は同じだったが、新型ではケイマンがボクスターよりハイパワーな設定とされた。

上級グレードの「ボクスターS」と「ケイマンS」は、3.4リッターの排気量こそ変わらないものの、ダイレクトフューエルインジェクションの採用によりパワーアップ。ボクスターSは310psに、ケイマンSは320psを発生する。
新しいトランスミッションと相まって、燃費も向上。出力を高めながらも、2.9リッターモデルで11%、3.4リッターモデルでは16%も燃料消費量を削減したという。

エクステリアは、フロントとリアのデザインを小変更。ボクスターシリーズとケイマンシリーズでエアインテークの形状を変えるなど、両車の見た目に差別化が図られた。

価格は、以下のとおり。日本では2008年12月6日に受注が開始される。

ボクスター (6MT):608.0万円
ボクスター (PDK):655.0万円
ボクスターS (6MT):752.0万円
ボクスターS (PDK):799.0万円
ケイマン   (6MT):661.0万円
ケイマン   (PDK):708.0万円
ケイマンS  (6MT):830.0万円
ケイマンS  (PDK):877.0万円

(webCG 曽宮)

「ポルシェ・ボクスターS」
「ポルシェ・ボクスターS」
「ポルシェ・ケイマンS」
「ポルシェ・ケイマンS」
フォグランプの形状も両車別々。ボクスターが四角、ケイマンは丸型に。
フォグランプの形状も両車別々。ボクスターが四角、ケイマンは丸型に。
新トランスミッション「PDK」は、6MTモデルに比べ0-100km/h加速を0.1秒短縮できる。オプションの「スポーツクロノパッケージ」を選べば、さらに0.2秒の短縮が可能だ。
新トランスミッション「PDK」は、6MTモデルに比べ0-100km/h加速を0.1秒短縮できる。オプションの「スポーツクロノパッケージ」を選べば、さらに0.2秒の短縮が可能だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
ホームへ戻る