フォルクスワーゲンの4ドアクーペ、「パサートCC」が日本デビュー

2008.11.20 自動車ニュース

フォルクスワーゲンの4ドアクーペ、「パサートCC」が日本デビュー

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、最上級の4ドアモデルとなる「パサートCC」を発表。2008年11月25日から販売を開始する。

「パサートCC」は、同社初となる4ドア4シーターのクーペモデル。上級セダン「パサート」をベースに新たに開発された。CCの名は、コンフォートクーペを示すもので、ロー&ワイドなプロポーション、サッシュレスドア、サイドのキャラクターラインなどが特徴。
「これまでのフォルクスワーゲンには無い、エレガントでパーソナルなテイストのクルマ」(リリース)とされる。

ラインナップは、2リッター直4ターボ(200ps、28.6kgm)を搭載するFFの「2.0 TSI」と、3.6リッターV6(299ps、35.7kgm)を積む4WDモデル「V6 4MOTION」の2本立て。

技術面では、電子制御式可変サスペンション「DCC」を全車に、30km/h以下の低速域までカバーできる「アダプティブクルーズコントロール」などを「V6 4MOTION」に装備したのがポイントだ。
コンチネンタル社のパンクに強い「モビリティタイヤ」を採用したのもニュース。タイヤのトレッド内側に塗布された特殊高分子ポリマーの働きで直径5mmまでのクギ穴などを自己修復し、パンクの不安を大幅に解消するという。

価格は、パサートCC「2.0 TSI」が500.0万円、同「V6 4MOTION」が602.0万円となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/6MT)【海外試乗記】 2014.10.24 試乗記 フォルクスワーゲンの代表的セダン「パサート」がフルモデルチェンジ。日本にも導入が予定される、最新型の仕上がりは……? 発売に先駆け、イタリアのサルデーニャ島で試乗した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る