限定10台! 特別な「メルセデスSL」が日本上陸

2008.11.20 自動車ニュース

限定10台! 特別な「メルセデスSL」が日本上陸

メルセデス・ベンツ日本は2008年11月18日、スイスの時計メーカー「IWC」とのコラボレーションモデル、「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」を発売した。

既報のとおり、今年5月に発表された「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」が、日本で発売された。メルセデスの最上級オープン「SL63AMG」をベースに、特別な内外装を与えられたモデルだ。

白い特別外装色(デジーノ・マグノカシミヤホワイトマット)に、マットブラック仕上げのカーボン製トランクリッドスポイラーやリアディフューザーなどがエクステリアの特徴。IWCの世界観を表現したという。クローズド状態でも車内を明るく保つための、ガラスを用いたルーフ(パノラミックバリオルーフ)も特別な装備だ。

シートは、新色トバゴブラウンでシックな仕上がり。ドアパネルやセンターコンソールなど、インテリアの各所にマット仕上げのカーボン素材を採用。灰皿カバーなどにはIWCのロゴが入れられる。

価格は、ベースの「SL63AMG」より491.0万円高い(!)、2430.0万円。世界限定200台のうち、日本への割り当てはわずか10台。購入すれば、IWCのリストウォッチ「IWC ビッグ・インヂュニア SL63 AMG」がもれなく付いてくる。

(webCG 関)

メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC
メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC 拡大

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツSL55 AMGAMG自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る