【スペック】V6 4MOTION(写真右):全長×全幅×全高=4815×1855×1425mm/ホイールベース=2710mm/車重=1700kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(299ps/6600rpm、35.7kgm/2400-5300rpm)/価格=602.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・パサートCC 2.0TSI(FF/6AT)/V6 4MOTION(4WD/6AT)【試乗速報】

見てよし、乗ってよし 2008.11.20 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートCC 2.0TSI(FF/6AT)/V6 4MOTION(4WD/6AT)……500.0万円/602.0万円
フォルクスワーゲン初の4ドア4シータークーペとなる「パサートCC」が日本上陸を果たした。VWがいう「コンフォートクーペ」の第一印象を報告する。

美しいVW、いかがですか?

CC?……「クーペカブリオ」、じゃない。「コンパクトクーペ」……それだと正反対。……「コンフォートクーペ!」だ。
そう、これがフォルクスワーゲンの新しい4シータークーペ「パサートCC」の“CC”が持つ意味である。

女子高生たちの短縮コトバのようにアルファベットを羅列する自動車のネーミングは、実にややこしい。これだけ自動車が当たり前のものとなってきた現代では、むしろダイレクトにわかりやすいもののほうが重宝されるはずだ。たとえば、「パサート・エレガント」でいいじゃないか、と思う。

セダンよりひとまわり大きくなったボディは、全長で30mm(全幅で35mm)長くなっているというが、ホイールベースは2710mmで同じ。そのことからも、オーバーハングにゆとりを持たせて美しさを演出することが、このクルマの狙いだとわかる。ひとことで言うなら、パサートCCの魅力は、“カッコ良さ”なのである。

ちなみに、全高は2リッターモデルで50mmダウン、重心も下がる。見てもよし、乗ってもよしな4ドアクーペはいかが? と、質実剛健が信条だった「フォルクスワーゲン」が言い出したわけだ。

パサートCCのラインナップは2グレード。3.6リッターの狭角V6エンジンを搭載した「V6 4MOTION」と、2リッター直噴ターボの「2.0TSI」である。筆者がイチオシするのは後者。このデカいボディに、ターボとはいえ2リッター? と思われるかもしれないが、最近のVWは小排気量エンジンを得意としていて、これが実によく走る。そしてそれは、パサートCCにも充分以上にあてはまるのだ。

3.6リッターモデルのインパネにはバボナウッドを採用。新デザインの3本スポークタイプステアリングホイールには、オーディオやナビゲーションの操作ができるスイッチのほか、パドルシフトも備わる。
3.6リッターモデルのインパネにはバボナウッドを採用。新デザインの3本スポークタイプステアリングホイールには、オーディオやナビゲーションの操作ができるスイッチのほか、パドルシフトも備わる。
 
フォルクスワーゲン・パサートCC 2.0TSI(FF/6AT)/V6 4MOTION(4WD/6AT)【試乗速報】の画像
 
フォルクスワーゲン・パサートCC 2.0TSI(FF/6AT)/V6 4MOTION(4WD/6AT)【試乗速報】の画像
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • 「ザ・ビートル」に100台限定の豪華仕様 2014.11.11 自動車ニュース 日本に導入されていない「ザ・ビートル」の上級グレードが、100台限定で上陸。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
ホームへ戻る