「スマート」に青/白ツートンの特別仕様車

2012.11.27 自動車ニュース
「スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン」
「スマート・フォーツー」にブルーの特別仕様車

「スマート・フォーツー」に青/白ツートンの特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2012年11月27日、2人乗りの「スマート・フォーツー」に、特別仕様車「smart fortwo coupe mhd edition iceshine(スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン)」を設定。90台限定で発売すると発表した。


「スマート・フォーツー」にブルーの特別仕様車

今回の特別仕様車は「スマート・フォーツー クーペmhdパッション」をベースに、エクステリアをアズールブルーの専用ボディーカラーとホワイトのパーツでコーディネート。
インテリアは、ブラックを基調にホワイトステッチが施されたシートヒーター付きの専用レザーシートや、ホワイトのアクセントパーツなどが装着される。

価格は189万円。専用装備が多数追加されながらも、ベースモデルの5万円高に抑えられた価格設定となっている。

また同車は、専用ナビゲーションシステム(13万5000円)がプレゼントされる「smartナビ無償プレゼントキャンペーン」(2012年10月11日より実施中)の対象車両となる。

「スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン」の特別装備

<エクステリア>
・ホワイト トリディオンセーフティセル
・専用デザイン ホワイトペイント15インチ3ダブルスポークアルミホイール&ワイドタイヤ
・ボディー同色スタイリングパッケージ(フロントスポイラー、リア&サイドスカート)
・ホワイトドアミラーカバー
・iceshine専用エンブレム

<インテリア>
・専用デザイン ホワイトステッチ入りレザーツインシート(シートヒーター付き)
・ホワイトステッチ入り本革巻き3スポークスポーツステアリング&シフトノブ(パドルシフト付き)
・コックピットクロック&レブカウンター
・ホワイトアクセントパーツ
・グローブボックス
・iceshineロゴ付き専用ベロアマット

(工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 「スマート・フォーツー ターボ」がカタログモデルに 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのモデルラインナップに「スマート・フォーツー ターボ」を追加設定し、販売を開始した。現行モデルのスマート・フォーツーがカタログモデルとして導入されるのは今回が初めて。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
ホームへ戻る