「マツダ・デミオ」、室内の質感アップ、新色追加も

2008.11.18 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」、室内の質感アップ、新色追加も

マツダは、コンパクトカー「デミオ」を一部改良し、2008年11月17日に発売した。

今回の主な変更は、インテリアの質感向上。
ツヤのあるブラックメタリックのセンターパネルや、シート中央部の生地と同じ素材のドアトリム(「カームホワイト」「マルチブラック」「スポーティブラック」の3種類)が新たに設定された。
また、パーキングブレーキリリースボタンや、インナードアハンドル、シフトノブ、オートエアコンのダイヤルなどにシルバー塗装パーツを採用し、AT、CVT車のシフト表示版が照明付きになった。

エクステリアでは、新色「アルミニウムメタリック」のボディカラーを追加。

価格は、「13C(FF/5MT)」の119万5000円から「SPORT(FF/CVT)」の162万1750円まで。

(webCG ワタナベ)

「マツダ・デミオ」、室内の質感アップ、新色追加もの画像

「マツダ・デミオ」、室内の質感アップ、新色追加もの画像
カームホワイト内装
カームホワイト内装

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(6AT)/XD(6AT)/13S Lパッケージ(6AT/5MT) 2014.10.22 試乗記 舞台は箱根のワインディングロード、新型「デミオ」のフットワークに“死角”はないのだろうか? 1.5ディーゼルと1.3ガソリンの両方を都合4モデル試乗し、じっくりと考えた。
ホームへ戻る