第67回:「スーパーデラ」にシビれました! 日欧タクシー談義

2008.11.15 エッセイ

第67回:「スーパーデラ」にシビれました! 日欧タクシー談義

小林彰太郎氏の名場面

『CAR GRAPHIC』創刊編集長・小林彰太郎氏の文章中には、歌舞伎十八番のごとく、もはや定番となった名場面がたびたび登場する。そのひとつが、小林氏の少年時代の思い出だ。

子供の頃、家族で映画を観に行くとき、いつもタクシーを使った。
クルマを拾わせるため家政婦を道に出すと、つまらないモデルのクルマを呼び止めてしまう。そのため自分で率先して乗りたいクルマを止めに出た。という一文である。

一般の人にとっては、「どれも同じ」に思えるタクシーだが、エンスージアストにとっては、その選択にはこだわりたいのだ。そして、ボクもそのひとり。

20年以上前、初めてパリの街を旅したときのこと。当時シャンゼリゼ通りは、車線のド真ん中にタクシー乗り場があった。「シトロエンCX」や「ルノー25」のタクシーに乗りたいために、後ろに並ぶ客を先に譲って、“順番調整”したのを覚えている。

そしてそれを日本でも実行しようとしたことがある。その頃東京で導入され始めた「小型タクシー」というのに乗ってみたかったのだ。初代「トヨタ・コロナ」などを使ったもので、すでに地方では普及していた。

ところがボクが住んでいた東京郊外の町は、まだ小型タクシー専用の乗り場が設営されていなかった。そこで、後方に待機している小型タクシーに乗るべく、他の客に中型タクシーを譲っていた。すると、小型狙いのセコい客とみられてしまったらしく、タクシードライバーたちから、「乗せるな、乗せるなッ!」と怒鳴られ、ボコボコにされかかったのだ。

イタリア。「フィアット・ドブロ」のタクシー仕様。
イタリア。「フィアット・ドブロ」のタクシー仕様。
イタリア。ボルボでタクシーを営むドライバー。
イタリア。ボルボでタクシーを営むドライバー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。