【スペック】全長×全幅×全高=4025×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=204万8000円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT(FF/5MT)【試乗記】

MTファンへのプレゼント 2012.12.01 試乗記 ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT(FF/5MT)
……204万8000円

モデルライフの終わりに差し掛かった現行「ルーテシア」に5段MT搭載の限定車が登場。“本場の息吹”を堪能する!

ウィンドウまでマニュアル!

先日、20代の若い編集者を助手席に乗せて取材場所へ向かっていた時に、「音楽でも聴こう」ということになった。そこで彼のiPodをカーオーディオに接続して、なるほどと思った。
彼のiPodは、「レッチリ」→「ブラック・アイド・ピーズ」→「ドラゴン・アッシュ」→「スライ&ザ・ファミリーストーン」という順番で曲を流したのだ。1960年代から現代まで、時代も国籍もごっちゃの選曲ではあるけれど、好みは一貫している。

iTunes StoreやAmazonでクリックするだけだから、彼にとっては60年代の音源と今の音源に差はないのだろう。クルマ好きとしては、ちょっとうらやましい。1973年型「ポルシェ911カレラRS2.7」と2012年型「ポルシェ911カレラ」が同条件で手に入るとしたら……。

クルマの場合は安全や環境の問題があるから難しい、と思っていたところに試乗したのが「ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT」だ。車名に誇らしげに(?)「MT」と入っていることからわかるように、1.6リッターの直列4気筒エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた仕様で、40台の限定販売となる。

秋のパリサロンで新しいルーテシア(現地では「クリオ」)が出たわけだから、意地悪な見方をすれば在庫一掃セールだ。それでも、欧州製コンパクトカーが好きなじぶんにとっては気になるモデルだ。
それにしてもこの車名、「減税日本」的に言いたいことがわかりやすいというか、すごいネーミングだ。

試乗前夜、プレス資料を読みながら笑ってしまった。「装備」の欄に、「リアマニュアルウィンドウ」と書いてあったのだ。わが青春の80年代には「パワーウィンドウ」にコーフンしたものじゃった。初デートの時に、あわててオートバックスで後付けのパワーウィンドウを付けたやつもいたぐらい(じぶんじゃないです)。それなのに、手動式ウィンドウに萌(も)えてしまうのがおもしろい。

3代目となる現行「ルーテシア」は2006年に日本へ導入された。モデル末期でありながら、2011年にはフランス本国で販売台数1位に輝いたという。
3代目となる現行「ルーテシア」は2006年に日本へ導入された。モデル末期でありながら、2011年にはフランス本国で販売台数1位に輝いたという。
車名にもなっている目玉装備の5段MT。
車名にもなっている目玉装備の5段MT。
リアウィンドウまでマニュアル仕様。今や貴重。
リアウィンドウまでマニュアル仕様。今や貴重。
タイヤサイズは185/60R15。15インチのアルミホイールが標準で装備される。試乗車はダンロップSP SPORT 01タイヤを装着していた。
タイヤサイズは185/60R15。15インチのアルミホイールが標準で装備される。試乗車はダンロップSP SPORT 01タイヤを装着していた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る