【スペック】全長×全幅×全高=4025×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=204万8000円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT(FF/5MT)【試乗記】

MTファンへのプレゼント 2012.12.01 試乗記 ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT(FF/5MT)
……204万8000円

モデルライフの終わりに差し掛かった現行「ルーテシア」に5段MT搭載の限定車が登場。“本場の息吹”を堪能する!

ウィンドウまでマニュアル!

先日、20代の若い編集者を助手席に乗せて取材場所へ向かっていた時に、「音楽でも聴こう」ということになった。そこで彼のiPodをカーオーディオに接続して、なるほどと思った。
彼のiPodは、「レッチリ」→「ブラック・アイド・ピーズ」→「ドラゴン・アッシュ」→「スライ&ザ・ファミリーストーン」という順番で曲を流したのだ。1960年代から現代まで、時代も国籍もごっちゃの選曲ではあるけれど、好みは一貫している。

iTunes StoreやAmazonでクリックするだけだから、彼にとっては60年代の音源と今の音源に差はないのだろう。クルマ好きとしては、ちょっとうらやましい。1973年型「ポルシェ911カレラRS2.7」と2012年型「ポルシェ911カレラ」が同条件で手に入るとしたら……。

クルマの場合は安全や環境の問題があるから難しい、と思っていたところに試乗したのが「ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT」だ。車名に誇らしげに(?)「MT」と入っていることからわかるように、1.6リッターの直列4気筒エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた仕様で、40台の限定販売となる。

秋のパリサロンで新しいルーテシア(現地では「クリオ」)が出たわけだから、意地悪な見方をすれば在庫一掃セールだ。それでも、欧州製コンパクトカーが好きなじぶんにとっては気になるモデルだ。
それにしてもこの車名、「減税日本」的に言いたいことがわかりやすいというか、すごいネーミングだ。

試乗前夜、プレス資料を読みながら笑ってしまった。「装備」の欄に、「リアマニュアルウィンドウ」と書いてあったのだ。わが青春の80年代には「パワーウィンドウ」にコーフンしたものじゃった。初デートの時に、あわててオートバックスで後付けのパワーウィンドウを付けたやつもいたぐらい(じぶんじゃないです)。それなのに、手動式ウィンドウに萌(も)えてしまうのがおもしろい。

3代目となる現行「ルーテシア」は2006年に日本へ導入された。モデル末期でありながら、2011年にはフランス本国で販売台数1位に輝いたという。
3代目となる現行「ルーテシア」は2006年に日本へ導入された。モデル末期でありながら、2011年にはフランス本国で販売台数1位に輝いたという。
車名にもなっている目玉装備の5段MT。
車名にもなっている目玉装備の5段MT。
リアウィンドウまでマニュアル仕様。今や貴重。
リアウィンドウまでマニュアル仕様。今や貴重。
タイヤサイズは185/60R15。15インチのアルミホイールが標準で装備される。試乗車はダンロップSP SPORT 01タイヤを装着していた。
タイヤサイズは185/60R15。15インチのアルミホイールが標準で装備される。試乗車はダンロップSP SPORT 01タイヤを装着していた。
関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る