「ハリアー」の後継モデルがデビュー【LAショー08】

2008.11.14 自動車ニュース

【LAショー08】「ハリアー」の後継モデルがデビュー

トヨタ自動車は、新型「レクサスRX」を、2008年11月19日、ロサンゼルスショー会場で発表する。

「レクサスRX」(日本名:ハリアー)シリーズは、高級サルーン並みの上質感や見晴らしの良いSUV的な運転感覚、それに個性的なスタイリングや質感の高さなどがウケて人気を博したクルマ。さらに2006年には、V8なみのパワーと小型車並みの燃費を両立したとするハイブリッドモデルが追加され、その人気を確固たるものとした。

ロサンゼルスショーに出展されるのは、そのRXシリーズのフルモデルチェンジ版。2009年に北米で発売予定のV6ガソリン仕様「RX350」と、上級版のハイブリッド仕様「RX450h」の2タイプがお披露目される。新型は、高級感、快適性、技術、安全性、燃費性能などあらゆる面で従来モデルを凌駕するというから期待は高まる。

また、同ショーでは、2008年のパリサロンでお披露目された「IS」のコンバーチブル「IS250C」と「IS350C」が出展されるほか、LSのガソリン・4WD仕様「LS460 AWD」と「LS460L AWD」も姿を見せる模様。

高級車市場を直撃する厳しい経済状況が続くなか、レクサスは人気モデルRXの全面改良や既存モデルのラインナップ拡充など、あらゆる手段を講じて厳しい時代を乗り切る構えだ。

(webCG 曽宮)

レクサスのワールドプレミアは「RX」シリーズだ(写真は現行モデル)
レクサスのワールドプレミアは「RX」シリーズだ(写真は現行モデル)
ISのコンバーチブル「IS250C」
ISのコンバーチブル「IS250C」
「LS460」の4WDが北米デビューを飾る
「LS460」の4WDが北米デビューを飾る

関連キーワード:
ハリアートヨタレクサスロサンゼルスモーターショー2009イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
ホームへ戻る