「ハリアー」の後継モデルがデビュー【LAショー08】

2008.11.14 自動車ニュース

【LAショー08】「ハリアー」の後継モデルがデビュー

トヨタ自動車は、新型「レクサスRX」を、2008年11月19日、ロサンゼルスショー会場で発表する。

「レクサスRX」(日本名:ハリアー)シリーズは、高級サルーン並みの上質感や見晴らしの良いSUV的な運転感覚、それに個性的なスタイリングや質感の高さなどがウケて人気を博したクルマ。さらに2006年には、V8なみのパワーと小型車並みの燃費を両立したとするハイブリッドモデルが追加され、その人気を確固たるものとした。

ロサンゼルスショーに出展されるのは、そのRXシリーズのフルモデルチェンジ版。2009年に北米で発売予定のV6ガソリン仕様「RX350」と、上級版のハイブリッド仕様「RX450h」の2タイプがお披露目される。新型は、高級感、快適性、技術、安全性、燃費性能などあらゆる面で従来モデルを凌駕するというから期待は高まる。

また、同ショーでは、2008年のパリサロンでお披露目された「IS」のコンバーチブル「IS250C」と「IS350C」が出展されるほか、LSのガソリン・4WD仕様「LS460 AWD」と「LS460L AWD」も姿を見せる模様。

高級車市場を直撃する厳しい経済状況が続くなか、レクサスは人気モデルRXの全面改良や既存モデルのラインナップ拡充など、あらゆる手段を講じて厳しい時代を乗り切る構えだ。

(webCG 曽宮)

レクサスのワールドプレミアは「RX」シリーズだ(写真は現行モデル)
レクサスのワールドプレミアは「RX」シリーズだ(写真は現行モデル)
ISのコンバーチブル「IS250C」
ISのコンバーチブル「IS250C」
「LS460」の4WDが北米デビューを飾る
「LS460」の4WDが北米デビューを飾る

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る