【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1635mm/ホイールベース=2280mm/車重=980kg/駆動方式=4WD/0.66リッター直列4気筒SOHCターボ(64ps/6000rpm、9.0kgm/4000rpm)/165万9000円(テスト車=173万3550円/寒冷地仕様+運転席シートヒーター+ヒーテッドドアミラー=1万6800円/3ウェイ2トーンボディカラー=4万2000円/フロントフォグランプ=1万5750円)

三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)【試乗記】

ベンツが羨ましく感じない 2008.11.14 試乗記 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)
……173万3550円

マイナーチェンジを受けた三菱パジェロミニに試乗。子育てが終わったら、この手の“ミニ四駆”と過ごすのも楽しいかもしれない。

“兄貴” に近くなった外観

たぶん15年後ぐらいには、自分はかなりの確率でこの手の小型4WDに乗っていると想像するわけです。いまのタイミングだと荷物だとか親の務めだとか、いろんなモノをクルマに積まなきゃならない。けど、ふたりの豚児が手から離れればクルマは純粋に趣味の対象、人生の相棒だ。

ここで有力な候補となるのが「三菱パジェロミニ」や「スズキ・ジムニー」に代表される“ミニ四駆”と、「マツダ・ロードスター」や「ダイハツ・コペン」などのオープン2シーター。なんというか、ほいほいと出かける腰の軽いオジサンに私はなりたい。

ミニ四駆とオープン2シーター、ホントは両方あるのが理想的だけど、腰だけでなく財布も軽くなりそうなので1台所有が現実的だ。となると、趣味の釣りに連れて行くことを考えるとちょっとしたオフロードでも頼りになりそうなミニ四駆が優勢。

そんなこんなで、いますぐ買うわけではないにしてもミニ四駆にはひとかたならぬ興味アリ。次に逢う買える時まで、世界中のどんな車種よりもミニ四駆には進化してもらいたい。

そんな折り、この9月に未来の愛車になるかもしれない「三菱パジェロミニ」がマイナーチェンジ。早速、広報車をお借りして乗ってみました。

マイナーチェンジのポイントをざっくりと説明すると、まずヘッドランプやバンパー、ラジエターグリルなどの外観が変更された。ありていに言うと、兄貴分の「三菱パジェロ」のイメージに近くなった。そのほか、カップホルダーの新設、小物収納スペースの拡大、燃費性能の改善など、ジミながらユーザーには嬉しい変更が施されている。

2008年9月に施されたマイナーチェンジの眼目は、内外装のデザイン変更。フロントは、ヘッドランプ、バンパー、グリルが変更された。パジェロに雰囲気が近くなった。
三菱パジェロミニ(4WD/4AT)【短評】
インテリアは、落ち着いた雰囲気のブラウン内装に変更されたほか、本革巻きステアリングや新デザインのインパネが採用された。
三菱パジェロミニ(4WD/4AT)【短評】
リアシートは簡単操作で折りたたみが可能。荷室の床下には、小物を収納できるラゲッジフロアボックスが備わる。
三菱パジェロミニ(4WD/4AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る