【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1635mm/ホイールベース=2280mm/車重=980kg/駆動方式=4WD/0.66リッター直列4気筒SOHCターボ(64ps/6000rpm、9.0kgm/4000rpm)/165万9000円(テスト車=173万3550円/寒冷地仕様+運転席シートヒーター+ヒーテッドドアミラー=1万6800円/3ウェイ2トーンボディカラー=4万2000円/フロントフォグランプ=1万5750円)

三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)【試乗記】

ベンツが羨ましく感じない 2008.11.14 試乗記 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)
……173万3550円

マイナーチェンジを受けた三菱パジェロミニに試乗。子育てが終わったら、この手の“ミニ四駆”と過ごすのも楽しいかもしれない。

“兄貴” に近くなった外観

たぶん15年後ぐらいには、自分はかなりの確率でこの手の小型4WDに乗っていると想像するわけです。いまのタイミングだと荷物だとか親の務めだとか、いろんなモノをクルマに積まなきゃならない。けど、ふたりの豚児が手から離れればクルマは純粋に趣味の対象、人生の相棒だ。

ここで有力な候補となるのが「三菱パジェロミニ」や「スズキ・ジムニー」に代表される“ミニ四駆”と、「マツダ・ロードスター」や「ダイハツ・コペン」などのオープン2シーター。なんというか、ほいほいと出かける腰の軽いオジサンに私はなりたい。

ミニ四駆とオープン2シーター、ホントは両方あるのが理想的だけど、腰だけでなく財布も軽くなりそうなので1台所有が現実的だ。となると、趣味の釣りに連れて行くことを考えるとちょっとしたオフロードでも頼りになりそうなミニ四駆が優勢。

そんなこんなで、いますぐ買うわけではないにしてもミニ四駆にはひとかたならぬ興味アリ。次に逢う買える時まで、世界中のどんな車種よりもミニ四駆には進化してもらいたい。

そんな折り、この9月に未来の愛車になるかもしれない「三菱パジェロミニ」がマイナーチェンジ。早速、広報車をお借りして乗ってみました。

マイナーチェンジのポイントをざっくりと説明すると、まずヘッドランプやバンパー、ラジエターグリルなどの外観が変更された。ありていに言うと、兄貴分の「三菱パジェロ」のイメージに近くなった。そのほか、カップホルダーの新設、小物収納スペースの拡大、燃費性能の改善など、ジミながらユーザーには嬉しい変更が施されている。

2008年9月に施されたマイナーチェンジの眼目は、内外装のデザイン変更。フロントは、ヘッドランプ、バンパー、グリルが変更された。パジェロに雰囲気が近くなった。
2008年9月に施されたマイナーチェンジの眼目は、内外装のデザイン変更。フロントは、ヘッドランプ、バンパー、グリルが変更された。パジェロに雰囲気が近くなった。
インテリアは、落ち着いた雰囲気のブラウン内装に変更されたほか、本革巻きステアリングや新デザインのインパネが採用された。
インテリアは、落ち着いた雰囲気のブラウン内装に変更されたほか、本革巻きステアリングや新デザインのインパネが採用された。
リアシートは簡単操作で折りたたみが可能。荷室の床下には、小物を収納できるラゲッジフロアボックスが備わる。
リアシートは簡単操作で折りたたみが可能。荷室の床下には、小物を収納できるラゲッジフロアボックスが備わる。
関連記事
  • 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)【試乗記】 2008.11.14 試乗記 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)
    ……173万3550円

    マイナーチェンジを受けた三菱パジェロミニに試乗。子育てが終わったら、この手の“ミニ四駆”と過ごすのも楽しいかもしれない。
  • 三菱パジェロミニに“最後を飾る”特別仕様車 2012.3.22 自動車ニュース 三菱自動車は2012年3月22日、軽乗用車「パジェロミニ」に特別仕様車「Premium Selection 〜Final Anniversary〜(ファイナル アニバーサリー)」を設定し、3月26日に発売すると発表した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る