最速のオープン・フェラーリ、「スクーデリア・スパイダー16M」デビュー

2008.11.13 自動車ニュース

最速のオープン・フェラーリ、「スクーデリア・スパイダー16M」デビュー

伊フェラーリは2008年11月9日、オープンのスーパースポーツ「スクーデリア・スパイダー16M」を発表。499台の限定で受注を開始した。

「スクーデリア・スパイダー16M」は、オープンスポーツ「F430スパイダー」をベースとする特別仕様車。F1世界選手権のコンストラクターズチャンピオン獲得を記念して、限定で用意された。

リアのグリルとダッシュボードには、それを示す記念プレートをマウント。カーボンファイバー製のアウターシェルを備えたロールバーや、最新のオーディオシステムなども特別な装備だ。

肝心のパフォーマンスは、「フィオラノ・サーキットでのラップタイム計測において、跳ね馬を冠するオープントップ・ロードカーの中で最速」と同社が太鼓判を押すもの。F430スパイダーに比べ車重が80kg軽くなり(1440kg)、ミドに搭載されるV8ユニットが490hp、47.4kgmから510hp、47.7kgmへとパワーアップしたのがその理由だ。
0-100km/h加速は4.1秒から3.7秒に短縮。最高速度も5kmほど伸びて、315km/hをマークする。

このフェラーリを手にできるのは、「エクスクルーシビティと究極のドライビングプレジャーを追求するエンスージアストのお客様」とのこと。世界でわずか499人。価格は不明ながら、日本でも既に予約注文を受付中。2009年前半の上陸が予定されている。

(webCG 関)

「フェラーリ・スクーデリア・スパイダー16M」
「フェラーリ・スクーデリア・スパイダー16M」
レーシィな雰囲気満点、スクーデリア・スパイダー16Mのコクピット。
レーシィな雰囲気満点、スクーデリア・スパイダー16Mのコクピット。
ステアリングホイールには、走行モード選択スイッチ「マネッティーノ」を備える。
ステアリングホイールには、走行モード選択スイッチ「マネッティーノ」を備える。
「16M」の名は、フェラーリF1チームが16度目のコンストラクターズタイトルを獲得したことに由来する。
「16M」の名は、フェラーリF1チームが16度目のコンストラクターズタイトルを獲得したことに由来する。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(後編) 2016.6.2 mobileCG SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
ホームへ戻る