【スペック】全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC 16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=285万円(テスト車=285万9500円)

ルノー・ルーテシア イニシアル・パリ(FF/4AT)【ブリーフテスト】

ルノー・ルーテシア イニシアル・パリ(FF/4AT) 2008.11.13 試乗記 ……285万9500円
総合評価……★★★★

クラスを超えた走りを謳う、ルノーのコンパクト「ルーテシア」。なかでも最も豪華な装備をもつ「イニシアル・パリ」を駆って、その乗り味を検証した。
 
ルノー・ルーテシア イニシアル・パリ(FF/4AT)【ブリーフテスト】

真の高級を知る人に

いま世界の自動車会社がいちばん欲しい持ち駒のひとつが、プレミアムコンパクトだろう。
時代の空気にフィットする環境性能を備えながら、便利なだけの道具ではなく、所有欲を満たす付加価値を併せ持つ。ゆえに相応の価格で販売することが可能で、車格以上の収益を上げることができるし、ブランドアイデンティティの確立にも有効だ。
付加価値=大排気量&高性能が過去の公式となりつつあるなか、多くのブランドが生き残りのために、このジャンルこそ必要不可欠と考えているようだ。だからこそ、トヨタやアルファ・ロメオ、アウディなどが、ここへきて一気に名乗りを上げてきているのだろう。

でも「プレミアムは一日にして成らず」なのも事実。それをルーテシア・イニシアル・パリに乗って思い知った。ルノーは1988年に「サンク・バカラ」を発表して以来、この道20年のキャリアがある。その経験は、素材選びから仕立て、色遣いに至るまで、あらゆる部分に反映されている。
現行型になって個性が薄れた感もあるルーテシアに、絶妙の華をトッピングしたイニシアル・パリ。真の高級を知る人にこそすすめたい、豊潤なコンパクトカーだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る