【スペック】全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC 16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=285万円(テスト車=285万9500円)

ルノー・ルーテシア イニシアル・パリ(FF/4AT)【ブリーフテスト】

ルノー・ルーテシア イニシアル・パリ(FF/4AT) 2008.11.13 試乗記 ……285万9500円
総合評価……★★★★

クラスを超えた走りを謳う、ルノーのコンパクト「ルーテシア」。なかでも最も豪華な装備をもつ「イニシアル・パリ」を駆って、その乗り味を検証した。
 
ルノー・ルーテシア イニシアル・パリ(FF/4AT)【ブリーフテスト】

真の高級を知る人に

いま世界の自動車会社がいちばん欲しい持ち駒のひとつが、プレミアムコンパクトだろう。
時代の空気にフィットする環境性能を備えながら、便利なだけの道具ではなく、所有欲を満たす付加価値を併せ持つ。ゆえに相応の価格で販売することが可能で、車格以上の収益を上げることができるし、ブランドアイデンティティの確立にも有効だ。
付加価値=大排気量&高性能が過去の公式となりつつあるなか、多くのブランドが生き残りのために、このジャンルこそ必要不可欠と考えているようだ。だからこそ、トヨタやアルファ・ロメオ、アウディなどが、ここへきて一気に名乗りを上げてきているのだろう。

でも「プレミアムは一日にして成らず」なのも事実。それをルーテシア・イニシアル・パリに乗って思い知った。ルノーは1988年に「サンク・バカラ」を発表して以来、この道20年のキャリアがある。その経験は、素材選びから仕立て、色遣いに至るまで、あらゆる部分に反映されている。
現行型になって個性が薄れた感もあるルーテシアに、絶妙の華をトッピングしたイニシアル・パリ。真の高級を知る人にこそすすめたい、豊潤なコンパクトカーだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る