350XV FOUR:全長×全幅×全高=4825×1895×1730mm/ホイールベース=2825mm/車重=1850kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(260ps/6000rpm、34.3kgm/4400rpm/価格=404万2500円(テスト車=458万1150円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)&BOSEサウンドシステム+ETCユニット+ステアリングスイッチ+オートスピードコントロール装置=40万2150円/リモコンカラードドアミラー+チルト・テレスコピックステアリング+パーソナルドライビングポジションメモリーシステム+リモコン可到式リアシート+リモコンオートバックドア=13万6500円)

日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】

がんばれキリギリス!! 2008.11.12 試乗記 日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)
……458万1150円/354万5850円

そのカッコよさゆえか、北米市場専用モデルのはずが世界的ヒット作となった日産の初代「ムラーノ」。2代目となる新型は、デザインもパフォーマンスもさらなる進化を遂げていた。

あなたはアリ派? それともキリギリス派?

最近知ってびっくりしたのが、イソップ物語の『アリとキリギリス』の結末部分は日本だけのオリジナルだった、という事実。「冬に食べ物がないキリギリスをかわいそうに思ったアリが食べ物を与えた」というストーリーは、“日本仕様”なのだという。

じゃあ“ヨーロッパ仕様”はどうかというと、いくつかのバリエーションがあるらしい。「夏に歌っていたんだから、冬は踊れば?」とアリがキリギリスを冷たく突き放すバージョンもあれば、餓死したキリギリスをアリが食べちゃう(!)という、日本人的にはあり得ないストーリーが語り継がれる地域もあるらしい。

日本にイソップが導入される時に、それじゃあんまりだ、子どもはひいちゃうというので儒教的なアレンジが施されたということだ。なんでこの話を思い出したかといえば、新型ムラーノがちょっとキリギリスっぽいと思えたからだ。

別にムラーノを悪く言っているわけじゃない。むしろ逆で、グリーンスパンさんが「1世紀に一度の津波」と表現するこんなご時世だからこそ、歌って踊って世の中を明るくしてくれるクルマが必要ではないでしょうか。新型ムラーノと、そのオーナーになるみなさんにはぜひガンバってほしい。子どもの頃、キリギリス支持派だった自分は切にそう願うわけです。


日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】の画像
ムラーノのプラットフォームは、新型ティアナや北米のアルティマから採用される「Dプラットフォーム」と呼ばれるもの。ホイールベース2825mmは従来型と同じながら、全長で55mm、全幅で15mm、全高で15mmほど拡大している。
ムラーノのプラットフォームは、新型ティアナや北米のアルティマから採用される「Dプラットフォーム」と呼ばれるもの。ホイールベース2825mmは従来型と同じながら、全長で55mm、全幅で15mm、全高で15mmほど拡大している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムラーノの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る