クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
350XV FOUR:全長×全幅×全高=4825×1895×1730mm/ホイールベース=2825mm/車重=1850kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(260ps/6000rpm、34.3kgm/4400rpm/価格=404万2500円(テスト車=458万1150円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)&BOSEサウンドシステム+ETCユニット+ステアリングスイッチ+オートスピードコントロール装置=40万2150円/リモコンカラードドアミラー+チルト・テレスコピックステアリング+パーソナルドライビングポジションメモリーシステム+リモコン可到式リアシート+リモコンオートバックドア=13万6500円)

日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】

がんばれキリギリス!! 2008.11.12 試乗記 日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)
……458万1150円/354万5850円

そのカッコよさゆえか、北米市場専用モデルのはずが世界的ヒット作となった日産の初代「ムラーノ」。2代目となる新型は、デザインもパフォーマンスもさらなる進化を遂げていた。

あなたはアリ派? それともキリギリス派?

最近知ってびっくりしたのが、イソップ物語の『アリとキリギリス』の結末部分は日本だけのオリジナルだった、という事実。「冬に食べ物がないキリギリスをかわいそうに思ったアリが食べ物を与えた」というストーリーは、“日本仕様”なのだという。

じゃあ“ヨーロッパ仕様”はどうかというと、いくつかのバリエーションがあるらしい。「夏に歌っていたんだから、冬は踊れば?」とアリがキリギリスを冷たく突き放すバージョンもあれば、餓死したキリギリスをアリが食べちゃう(!)という、日本人的にはあり得ないストーリーが語り継がれる地域もあるらしい。

日本にイソップが導入される時に、それじゃあんまりだ、子どもはひいちゃうというので儒教的なアレンジが施されたということだ。なんでこの話を思い出したかといえば、新型ムラーノがちょっとキリギリスっぽいと思えたからだ。

別にムラーノを悪く言っているわけじゃない。むしろ逆で、グリーンスパンさんが「1世紀に一度の津波」と表現するこんなご時世だからこそ、歌って踊って世の中を明るくしてくれるクルマが必要ではないでしょうか。新型ムラーノと、そのオーナーになるみなさんにはぜひガンバってほしい。子どもの頃、キリギリス支持派だった自分は切にそう願うわけです。


日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】の画像 拡大
ムラーノのプラットフォームは、新型ティアナや北米のアルティマから採用される「Dプラットフォーム」と呼ばれるもの。ホイールベース2825mmは従来型と同じながら、全長で55mm、全幅で15mm、全高で15mmほど拡大している。
ムラーノのプラットフォームは、新型ティアナや北米のアルティマから採用される「Dプラットフォーム」と呼ばれるもの。ホイールベース2825mmは従来型と同じながら、全長で55mm、全幅で15mm、全高で15mmほど拡大している。
拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

地盤は引き継げたか?

2008年9月29日に登場した、2代目となる新型日産ムラーノのデザインは大変だったろうと思う。2002年に北米市場に投入された初代ムラーノはそのカッコが「超クール!」と評価され、年間6〜8万台の大ヒット。だったらうちの国にも入れてくれって話になり、世界80カ国で計50万台が販売されることになった。日本にも、2004年から導入されている。

世界的に支持された初代ムラーノの造形、この地盤を受け継ぐ2代目には、大きく路線変更するわけにもいかず、かといって古臭くなってもいけないという、絶妙のバランスが求められた。

日産のデザイナーは、うまくやったと思う。初代のフォルムを踏襲してムラーノというブランドをアピールしつつ、少しモダンになり、少しギラリとし、少しアグレッシブになり、少し高く見えるようになった。結果として新しモノ感と存在感がきちんとある。

ムラーノ、デュアリス、そしてエクストレイルに日本未導入のインフィニティFXやEX……、日産は背の高いクルマのデザインが得意だ。特にエコや合理性にばかり目が行く昨今、キリギリス的なムラーノの造形はひときわ目を惹く。

乗り込むと、4年前に初めてムラーノのインテリアに接した時の驚きが甦った。あの時は、本アルミをふんだんに使った内装デザインが新鮮だった。大筋では初代の流れをくむ新型のインテリアは、そういった新鮮な驚きこそないけれど、肌が触れる部分の樹脂や繊維の手触りがよくなっている。冬の時代が迫っているのにこういう贅沢をしているのは、ある意味エライ。

ムラーノのウリはデザインだから、そこが洗練されている時点で合格なのかもしれない。と言いつつも、走らせてみてもムラーノは初代からさらに洗練されていた。

250XL FOUR:全長×全幅×全高=4825×1895×1730mm/ホイールベース=2825mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/5600rpm、25.0kgm/3900rpm)/価格=315万円(テスト車=354万5850円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ETCユニット+ステアリングスイッチ+オートスピードコントロール装置=28万350円/リモコン可到式リアシート+リモコンオートバックドア=8万4000円/特別塗装色(グレイッシュブロンズ)=3万1500円)
250XL FOUR:全長×全幅×全高=4825×1895×1730mm/ホイールベース=2825mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/5600rpm、25.0kgm/3900rpm)/価格=315万円(テスト車=354万5850円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ETCユニット+ステアリングスイッチ+オートスピードコントロール装置=28万350円/リモコン可到式リアシート+リモコンオートバックドア=8万4000円/特別塗装色(グレイッシュブロンズ)=3万1500円)
拡大
インテリアの開発にあたっては、ずばり「トヨタ・ハリアー」をターゲットにしたという。顧客から、ハリアーより高級感で劣るという声が数多く寄せられたからだ。個人的には、優しい印象になった新型のインテリアよりも、アルミをバンと貼って凛々しかった初代のほうがクールだと思う。
インテリアの開発にあたっては、ずばり「トヨタ・ハリアー」をターゲットにしたという。顧客から、ハリアーより高級感で劣るという声が数多く寄せられたからだ。個人的には、優しい印象になった新型のインテリアよりも、アルミをバンと貼って凛々しかった初代のほうがクールだと思う。
拡大

日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】の画像 拡大

アメリカでは女性ユーザーのほうが多いという事実

新型ムラーノの日本仕様には、3.5リッターのV型6気筒エンジン搭載モデルと、2.5リッターの直列4気筒エンジン搭載モデルがラインナップされる。どちらもCVTとの組み合わせで、フルタイムの4駆システムを備える。今回はオフロードで試乗するチャンスはなかったけれど、ムラーノの4駆システムはその走破性が高く評価されるエクストレイルが搭載するのと同じ「ALL MODE 4×4-i」である。

このようにエンジン排気量の大小が用意される場合、往々にして「小排気量モデルのほうがバランスがいい」と評価される。けれど、ムラーノに関してはV6のほうがいいと思った。ゆったり余裕をもって走るという、クルマのコンセプトに合っているのだ。

直4モデルの軽快なハンドリングや爽快な乗り心地も捨てがたい。けれど、個人的にはよりしっとりとした乗り心地と豊かなトルクを備えたV6モデルに一票。市街地でしずしずと走っている限りにおいては、どちらも静かで乗り心地のよいクルマであることは記しておきたい。

静かといえば、新型ムラーノは従来型より吸音材を3割増量して静粛性向上に努めたという。というのも、アメリカ市場では女性ユーザーのほうが多く、「もっと静かに」という要望がかなりあったというのだ。それに応えるために、リアのホイールハウス内にも吸音材を貼って騒音低下を図った。このクラスのSUVとしては異例の措置だという。たしかにその効果はあって、車内は非常に静かだ。

V6、直4ともにエンジンは基本的には従来型のキャリーオーバー。ただし、細部のセッティングやCVTとのマッチングを見直すことで、10・15モード燃費が改善されている。V6モデルは8.9km/リッターから9.3km/リッターへ、直4モデルは10.6km/リッターから11.4km/リッターへと、それぞれ燃費性能が向上した。写真は3.5リッターV6。
V6、直4ともにエンジンは基本的には従来型のキャリーオーバー。ただし、細部のセッティングやCVTとのマッチングを見直すことで、10・15モード燃費が改善されている。V6モデルは8.9km/リッターから9.3km/リッターへ、直4モデルは10.6km/リッターから11.4km/リッターへと、それぞれ燃費性能が向上した。写真は3.5リッターV6。 拡大

日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】の画像 拡大
リアのホイールハウス内に吸音材を貼るのは、上級セダンなどの手法。SUVではめずらしいという。
リアのホイールハウス内に吸音材を貼るのは、上級セダンなどの手法。SUVではめずらしいという。 拡大

贅沢は素敵だ

華やかな外観に、ラクシュリーな乗り心地、そしてゆとりある走行性能に快適な室内。後席に座ってみると、レッグルームにはかなり余裕がある。ホイールベースこそ従来型から変わらないけれど、ニースペースは20mmほど広くなっているという。

つまり、ムラーノは“贅沢は素敵だ”的なクルマだ。もともと、ええかっこしぃなクルマだったけれど、ええかっこに磨きがかかった。

本稿執筆時点では日経平均株価が9000円前後と大変なことになっているわけです。不況だ不況だで、自分も含めてみんな、心が縮こまり、知らず知らずに、無難に目立たぬようジミ(?)な行動をとっている。ま、それが正解なのかもしれないけれど、それだけじゃ世の中つまらない。

ムラーノみたいにパッと目立つクルマに乗って、クルマに負けないようお洒落をして、オプションのBOSEで元気のいい音楽でも聴きながら出かけるような剛気な人間でありたいと思うのですが、いかがでしょう? あるいは、バブル入社世代特有の戯言なのでしょうか?

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)

開口部が広く、車内を明るくするガラスルーフは上級XVグレードに標準装備。レスオプションもある。
開口部が広く、車内を明るくするガラスルーフは上級XVグレードに標準装備。レスオプションもある。

拡大
ラゲッジルームの左右にある「前倒しレバー」を引くと、後席シートが簡単に倒れる。また、「前倒しレバー」の隣にあるスイッチを押すと、シートは電動で起き上がる(オプション装備)。大きな荷物を積む場面だけでなく、ちょっとした買い物でも便利だ。
ラゲッジルームの左右にある「前倒しレバー」を引くと、後席シートが簡単に倒れる。また、「前倒しレバー」の隣にあるスイッチを押すと、シートは電動で起き上がる(オプション装備)。大きな荷物を積む場面だけでなく、ちょっとした買い物でも便利だ。
拡大

日産ムラーノ350XV FOUR(4WD/CVT)/250XL FOUR(4WD/CVT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ムラーノ日産試乗記

あなたにおすすめの記事