日本カー・オブ・ザ・イヤー2008-2009は、「トヨタiQ」に

2008.11.11 自動車ニュース
「トヨタiQ」
日本カー・オブ・ザ・イヤー2008-2009は、「トヨタiQ」に

日本カー・オブ・ザ・イヤー2008-2009は、「トヨタiQ」に

2008年11月11日、1年間で最も意味のあったニューモデルを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2008-2009(通称COTY)」の最終選考結果が発表された。

「シトロエンC5」
日本カー・オブ・ザ・イヤー2008-2009は、「トヨタiQ」に

2008年11月4日に行われた第一次選考会で「10ベストカー」が選出された。これを受け同月10日の試乗会を経て投票された結果、日本カーオブザイヤー2008-2009には「トヨタiQ」が選ばれ、2位につけた「シトロエンC5」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

特別賞“Most Advanced Technology”は「日産GT-R」が、“Most Fun”を「スバル・エクシーガ」、“Best Value”は「ホンダ・フリード」がそれぞれ受賞した。

ノミネート各車の得点は以下のとおり。

1位:トヨタiQ(526点)
2位:シトロエンC5(223点)
3位:日産GT-R(201点)
4位:アウディA4/A4アバント(180点)
5位:ジャガーXF(115点)
6位:ダイハツ・タント(100点)
7位:フィアット500(90点)
8位:ホンダ・フリード(62点)
9位:マツダ・アテンザ(60点)
10位:スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー(37点)
11位:スバル・エクシーガ(31点)

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
iQC5トヨタシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.14 試乗記 トヨタ・ヴィッツRS(FF/CVT)
    ……210万905円

    コンパクトカー「トヨタ・ヴィッツ」のスポーティグレード「RS」に試乗。CVTモデルを駆って、その実力を確かめた。
ホームへ戻る